記事

主婦の夏のボーナス使い道、「貯蓄」「ローンの支払い」が半数以上 希望額は40~50万円だが、実際の支給額は20~30万円未満

7月に入り、ボーナスが楽しみな時期になった。給料が月に2度もらえることになるので、心躍る人は多いだろう。

三菱 UFJ リサーチ&コンサルティングが 2016 年 4 月に実施した調査によると、事業所規模5人以上の民間企業の同年夏のボーナス支給額は2年ぶりに増加し、一人当たり平均 35 万 8409 円と予想されている。

家計に入ってくる今夏のボーナスを主婦たちはどう使うのだろうか。凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、同サービスを利用する全国の既婚女性 3万67 名を対象に 今夏のボーナスに関する意識調査を実施。7月1日に結果を発表した。

「家計が苦しい」が8割、「ボーナスが出る見込みがない」も5割

直近1年間の景気について聞くと、主婦の約8割が「収入が減少、もしくは変わらない」、「家計は楽になっていない」と回答。前年以上に収入が増えず、家計が苦しいと感じている主婦が多い現状が明らかとなった。

さらには主婦の51%が夏に「ボーナスが出る見込みがない」と回答しており、半数以上の家庭ではボーナスそのものの支給がないという。

ボーナス支給がある家庭でも、希望額と支給見込み額にはギャップがある。希望額で最も多かったのが「40万円~50万円未満」であるのに対し、支給見込み額の最多が「20~30万未満」であり、希望額と支給見込み額の間には20万円前後の差が見られる。

家族のために使う一方で、「自分へのご褒美」も検討

ボーナスを誰のために使うかについては、1位が「家族全員」(64%)、2位が「子供」(16%)という結果となった。また、使い道の1位は「貯蓄」(28%)、2位は「ローン・借入金の支払い」(23%)となっており、8割の家庭が家計が苦しいと答えている実態を反映してか、積極的に消費をするよりも、万が一に備えて貯蓄をしようというマインドが強いようだ。

しかし実際には財布の紐をしめておくばかりではない。「ボーナス時期にプチ贅沢をするか」という質問については、4割が「普段はしないが、ボーナス時期はする」と回答。理由の1位が「自分へのごほうび」、2位が「ストレス解消」など、主婦が自分自身に対して消費する傾向があることがわかった。貯蓄にしても、自分へのプチ贅沢にしても、もらったボーナスは有効に使いたいものである。

あわせてよみたい:「30歳で年収500万だけ?」に激怒!

あわせて読みたい

「ボーナス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  4. 4

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  7. 7

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。