記事

1920年〜2015年の人口ピラミッド変遷:少子高齢化の視覚的経過

 昨日発表された総務省統計局「平成27年国勢調査 抽出速報集計結果 結果の概要」では、大正9年(1920年)から平成27年(2015年)までの人口ピラミッドの変遷と人口の推移が掲載されている〔資料1〜3〕

 平成27年国勢調査によると、同10月1日現在の日本の人口は1億2711万人で、前回調査時(平成22年)に比べて94.7万人減。
 昭和20~25年では第一次ベビーブーム(昭和22〜24年)もあって人口増減率は15.3%だったが、その後は出生率低下に伴って増加幅が縮小し、昭和30~35年では4.7%。

 昭和45〜50年では第二次ベビーブーム(昭和46〜49年)もあって人口増減率は7.0%だったが、昭和50~55年では4.6%、平成22~27年では▲0.7%。

 今は少子高齢社会であるが、その素地は昭和30年頃から既にあった。

 第一次ベビーブーム前までは、人口ピラミッドの形は健全な姿であった。その頃の人口は8千万人程度であったが、年少者が年長者を支える社会であるかどうかという視点では、実に真っ当な姿であったと言えるだろう。

 そういう点からも、今後当面の日本の政策課題は、年長者である高齢者・退役世代が、年少者である若年層・現役世代の負担に依らない生き方と死に方を演じていけるような社会システムを作っていくことであるに違いない。


<資料1>
リンク先を見る
(出所:2016.6.29総務省統計局「平成27年国勢調査 抽出速報集計結果 結果の概要」)


<資料2>
リンク先を見る
(出所:2016.6.29総務省統計局「平成27年国勢調査 抽出速報集計結果 結果の概要」)


<資料3>
リンク先を見る
(出所:2016.6.29総務省統計局「平成27年国勢調査 抽出速報集計結果 結果の概要」)

あわせて読みたい

「人口」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。