記事

個人の問題であり、システムの問題ではない

先ほど、受験生の方の東京大学についてのご質問に、脳なんでも相談室でお答えした http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/4289551.html … のですが、最近、私があまり学校とかシステムのことを言わなくなったのは、結局は個人の問題だと思うからです。

どんなに良い学校、システムをつくっても、その中で学ぶ人が、どれくらい独創的なものを生み出せるかとは、あまり関係がない。結局は個人の問題であって、それ以上でも、それ以下でもない。そのような気がします。

私は、結局、いわゆる偏差値エリートには全く興味がなくて(これは東浩紀さんとも繰り返しお話したことですが)、独創的な個人にしか興味がない。養老孟司さんには興味があっても、理三ー>医学部には興味がないということです。

ジェームス・ワトソンの『二重らせん』を読むと、興味深いフレーズが出てきて、ケンブリッジに来て最初に学ぶべきことはほとんどが凡人だということだ、と言っているのですが、まさにそうで、学校というシステムがあっても独創の天才がそう生まれるわけではない。

ケンブリッジには、たまたま、ニュートンやヴィトゲンシュタインのような天才がいましたが、ケンブリッジにいる人がみなそうなるわけではない。むしろ殆どは凡人です。東大も同じで、殆どは凡人だが、時々天才が出る。

結局、独創の天才がどう生まれるかは、学校単位で考えてもしょうがないということで、一人ひとりが何に出会い、何を感動し、狂気と正気の縁で何をしたか、という個別の問題なので、そのようなかたちで考えるしかない、ということだと思います。

東大に行く人のほとんどは凡人である、という命題は、世界のどの大学にも当てはまるのでしょう。ただ、何を価値があると感じているかという風土はあって、ケンブリッジに、ニュートンやヴィトゲンシュタインこそが価値の基準だという常識があったことは、事実だと思います。

東大に行く人のかなりの部分が、今日の質問者にあったように、日本国内のポジション争いに興味があるというのは悲しい事実で、東大生の基準が、天才的成果にはない、という縮み思考は、問題だとは相変わらず思っています。でもまあ、仕方がないことです。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。