記事

「とと姉ちゃん」の戦時中の描写がワンパターンだ

「とと姉ちゃん」が戦時中を描いている。
戦時中の家族はひたすら戦争の犠牲者として描かれる。
とと姉ちゃんの会社の同僚がすべて徴兵されて、戦地で死闘を繰り広げているかもしれないのに、主人公は「戦意高揚の雑誌は作りたくない」などと言い出す。 

この家族は日本が負けてしまっても、戦争さえ終わればいいのだろうか?
日本の国に勝ってほしいとは思わないのだろうか?
「公的」な感覚がすっぽり抜けて、「私的」な感覚のみになっているのが不思議だ。 

一方、戦意高揚派の区長や国防婦人たちは、悪意を持って描かれる。
確かにいちいち風紀まで注意する愛国者はウザいとは思う。
戦時中だからユーモアも自粛しろと言われたら、わしは反発するかもしれない。
自粛の強制は今も地震のときなどに流行るが、大嫌いだ。

卑小な自我を国家大に肥大させて、他人を売国奴か反日に認定すれば、自分が上位に立てると勘違いするような馬鹿も大勢いたのだろう。
自粛や不謹慎を強制するのはそういう現在のネトウヨ的な体質の連中だ。 

だが、一旦、国が戦争を始めたら、あとはもう勝利を願うしかないのも事実だ。
まさか「我が国負けろ」「外国に占領されろ」「この国は消滅しちまえ」と思う者などいないだろう。

とと姉ちゃんたちは、国が行っている戦争について、どう考えているのだろうか?
こういうドラマを見て、シールズ嬢ちゃんは「家に帰ればお母さんが毎日、ご飯を作ってくれる幸せ」のために、安保法制反対で―――ちゅと叫ぶんだろう。
奴隷の平和に安住した幼児脳が増えるだけの戦時中の描き方しかできないものなんだろうか?

戦時中の庶民の描き方は、なんでいつもワンパターンなのだろうか?
わしが描いたらこんなに単純じゃなくなるのだが。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  4. 4

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  5. 5

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  6. 6

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  7. 7

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    鳩山由紀夫氏“民主党は内ゲバで崩壊”と的確な分析に賛同も「急にまとも」と困惑続出

    女性自身

    09月22日 14:37

  10. 10

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。