記事

米国、EUとの通商協定に引き続き最大努力=国務省

[ワシントン 28日 ロイター] - 米国のケリー国務長官は28日、英国民投票の結果を受けて米国は、英国および欧州連合(EU)とそれぞれ個別の通商協定交渉を並行して進める可能性があると発言した。ただ、国務省の報道官は後に、米国はEUと交渉中の環大西洋貿易投資連携協定(TTIP)の妥結に向け引き続き最大限の力を投じるとし、長官の発言を修正した。

オバマ大統領は4月、英国の国民投票でEU離脱が決まった場合、米国はEUとの貿易交渉に専念し、英国との交渉は後回しになると発言した。

ケリー長官はコロラド州での会合で、この発言について問われると「国民投票の結果を受け、大統領は双方と同時に交渉しようとするだろう。大統領はマルチタスクの手法を知っている」と語った。

国務省のカービー報道官はその後、ケリー長官の発言について、それぞれ個別の交渉を同時に進めるという意味ではない、と修正。「長官は、国民投票の結果がTTIPにどのように影響するかを見極めるため双方と協力するということを明確にしただけだ」と述べ、「米国は引き続きTTIPにコミットしている」と語った。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  10. 10

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。