記事

英国、EU離脱協議の代表者を決める必要=仏外相

[プラハ 27日 ロイター] - フランスのエロー外相は27日、英国は欧州連合(EU)との離脱協議を進める代表者を決める必要があると指摘した。ロイターとのインタビューで語った。英国は、資本や労働力、財・サービスの自由な移動なしにEUの単一市場に対して、スイス型のアクセスを自動的に得られるわけではないと指摘。

「英国は誰が代表するのかという問題に対処する必要が確実にある。議題や日程の調整ができるのは、それからになる」と述べた。

同相は、離脱派のボリス・ジョンソン前ロンドン市長が、移動の自由を受け入れることなく単一市場にアクセスできるとの見解を示していたと指摘。

「スイスの場合そうだが、自動的ではない。議論する点が多くある。まずは、英国が具体的に何を望んでいるか見極める必要がある」と語った。

あわせて読みたい

「EU」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。