記事

今英国に求められる、EU離脱を撤回する勇気

連日で恐縮だが、本日も、EU離脱に関する英国内の情勢について書く。英語圏のメディアのさまざまな情報を総合していると、どうも、混迷は当分続きそうである。本来、国民投票で結果が決まったのだから、その方向にすっきり行けば良さそうなものだが、そのようになりそうにはない。

一番微妙なのが、次期首相の最有力候補となるはずの、ボリス・ジョンソンさんの立場である。ジョンソンさんは、離脱のキャンペーンの先頭に立ったが、首相になりたいという個人的な野心のためにそのような主張をしたのではないかという疑念が消えない。

EU離脱派勝利という結果を受けたジョンソン氏の会見を見ていると、やはり、本心では離脱の意義を信じておらず、キャメロン首相(イートン校、オックスフォード大学で同窓)に対する個人的な対抗意識が動機だったのではないかという印象が強まってしまう。

また、本来、政治家にとっては最も望ましい職業であるはずの首相だが、国民投票でのEU離脱という決定を受けて、その具体的な政策を進めていく役割を担う次の首相の仕事は、政治家として必ずしもうらやましい立場ではないだろう。

EU離脱は、英国にとってはパンドラの箱で、EUを離脱することでスコットランドや北アイルランドも独立する結果になる可能性が高く、つまりは連合王国の崩壊を進めるのが次期首相ということになる。これでは、意気も上がらない。

結局、英国内で本来求められていることは、EU離脱という今回の国民投票の結果が「間違い」であったと認める勇気を持つことかもしれない。EU内にとどまり、その上で移民や規制などの政策に一つひとつ実務的に取り組んでいくことがもしできれば、その人はすぐれた指導者になるだろう。

ボリス・ジョンソン氏が、自分がEU離脱の旗を上げてきたことが間違いだったと認め、その反省のもとに、EUに残留した上で移民や規制緩和の課題に取り組むという姿勢を見せれば支持が集まるかもしれない。しかし、そのような態度変容、及びその社会的受容のハードルは高いだろう。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  6. 6

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  9. 9

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  10. 10

    河野太郎氏“年金の財源は消費税”発言に「勘弁して」と経済政策に高まる不安

    女性自身

    09月20日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。