記事

元バリキャリの主婦が「就社せず」「資格なし」で月50万稼いでいる!

日本総合研究所 創発戦略センター ESGアナリスト 小島明子=文 Waris=取材協力

なぜ元バリキャリ主婦は「再就職」にこだわらないのか?

女性の活躍推進に向けて、政府は女性の就業率向上を目標に掲げています。

しかし、現実的には第1子出産を機に半数以上の女性が離職をしてしまい、一度離職をした女性が再就職をすることは容易なことではありません。

日本総合研究所が東京圏で暮らす25~44歳の東京圏に所在する4年生大学または大学院を卒業した女性を対象に実施した調査結果(以下、「アンケート調査結果」)によれば、第1子出産を機に退職し、「専業主婦・無職」になった大卒以上の学歴を持つ女性の約6割が「いつか将来、再び仕事に就きたいと思っていた」と回答しています。

ところが、いざ再就職ができる状況になった女性を対象に、「再就職ができない理由」を尋ねると、約半数の女性がこう回答しています。

「仕事をしてもよいと思っているが、フルタイム(月~金、9時~18時など)以外の仕事を希望しているため、条件に合う仕事が見つからないから」

保育園へのお迎えなどで働く時間に制約があることが、再就職が困難な理由の1つであることが浮かび上がります。

出産や子育てなどで離職をし、再就職を希望する女性のなかには、過去に総合職として働き、高い専門性とスキルを持つ女性も少なくありません。そのような女性が、ブランクや時間に制約があるという理由だけで、その高い“ポテンシャル”を労働市場で活かすことができないのだとしたら、まさにそれは「宝の持ち腐れ」ではないでしょうか。

本稿では、過去に総合職として働いた経験を持つ女性と企業とのマッチングを通して女性の継続就労・活躍支援を行う人材サービスを提供しているWaris(共同代表・田中美和氏)の協力を得て、“元バリキャリ”主婦の再就職を実現させる3つの秘訣を取り上げます。

秘訣その1:本人が「就社」にこだわらない
秘訣その2:働く時間の「制約」を逆に強みにする
秘訣その3:夫が家事をしたくなる「言い方」をする

(編注:3つの秘訣のうち、今回その1を紹介。後日に残り2つを紹介予定)

元バリキャリ主婦 8人に1人はフリーで月収50万!

▼“元バリキャリ”主婦の再就職を実現させる
【秘訣その1:本人が「就社」にこだわらない】

Warisが、2016年に自社の登録者向けに実施をした調査結果で筆者が注目したのは、回答者(元総合職の女性)の約3割が「フリーランス(個人事業主)」として働いているという事実です。3人に1人。少ないとは言えません。そして、そのうちの8割は、リモートワークや在宅勤務など、オフィスに常駐しないフレキシブルな働き方をしているというのです。

では、フリーランスで働く職種は具体的にはどんなものか。

人事・経理・法務などの管理系職種:26%
広報・マーケティング系職種:19%
営業:10%

となっています。フリーランスというと、システムエンジニアのような理系総合職が転身するイメージが強いですが、同社の調査結果を見ると、文系総合職として働いたキャリアが活かせる道があることが窺えます。

リンク先を見る

実際、Waris登録者の事例(図表1)からも、公的資格などの専門的な資格を保有していなくても、前職の経験が十分活かせることが分かります。

さらに、気になるのは報酬面ですが……。

この水準は決して低くはないのです。フリーランスで働く女性の平均月収は28万円。月収50万円以上を超える女性も12%に達していることが明らかになっています。図表1の例を見れば、在宅勤務など出社する必要のない業務が多いにもかかわらず、「月80時間で報酬25万円」や「月56時間で報酬20万円」などと、平均時給3000円を超えていますので、悪くはないのではないでしょうか。

高学歴「主婦の再就職」に追い風が吹いている!

会社を離職した後、自分の専門性を活かしながら、フリーランスで働く道を選んだ女性達からはこんな声が上がっています。

「フリーランスという働き方を選び、会社員時代よりも子どもとの時間を確保することができ、充実感が得らえる」

「在宅なので、子どもに自分が仕事をしている姿を見せることができ、働くことについて子どもと話し合う機会もできた。子どもの社会性にも良い影響を与えられていると感じる」

「正社員で働くことを辞めてしまった自分に対し劣等感のようなものを抱いていた時期があった。今は、稼働できる時間に見合った業務量を任せてもらい、前職の経験も活かせているので満足している」

とはいえ、フリーランスの場合は、正社員はもちろん契約社員、派遣社員に比べても、労災保険や雇用保険などの社会保障が手薄なのも確かです。病気やけがのリスクなどに備えて民間の保険に加入するなど、自身のリスクマネジメントは必要です。また、継続して仕事を得られるかどうかは未知数です。

しかし、終身雇用の形態が崩れつつあるなか、「就社」にこだわらない働き方は、専門性を活かしつつ、働きやすさと収入を両立させるための選択肢の1つになる可能性があります。

様々な元総合職の女性の声やそれをサポートする企業の声を集めていると、「主婦の再就職」には、今までにない追い風が吹いていると肌で感じています。

Warisのような元総合職をサポートする企業が増えていることに加え、経済産業省が実施する「ダイバーシティ経営企業100選」のなかに、キャリア・マム、ビースタイルなど主婦の再就職を支援する企業が表彰されていることも、「追い風」の表れでしょう。

2015年には女性活躍推進法が成立し、働きたい主婦が再就職できる機会は、今後も増えていくと感じます。(秘訣その2、その3は後日配信予定)

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。