記事

ロックと政治の原体験 私の場合、LOUDNESSの"SDI"だった

画像を見る

渋谷のヤマダ電機で見かけた奇妙な垂れ幕。請求書払いOKって表記なのだけど、一番最初にNHK関連ってある。そうか、NHKのお膝元だからね。

津田大介や奥田愛基を嫌いになってもロックフェスを嫌いにならないで頂きたい
http://blogos.com/article/180243/

このエントリーが波紋を呼んでおり。私は感じたことを書いただけなのだけど。えっと、別に奥田さんや津田さんを批判しているわけではなく、ぶっちゃけみんな、彼らを批判するために「音楽に政治を持ち込むな」と言っているだけではないのかって思うのだ。まあ、最近のロックには政治色がなかったから唐突に見えるとか、政治性ではなく、党派性が感じられるとか、いろんな意見があるのだけど。

別に私はネトウヨの側についたわけじゃないからな。よく読めよ。むしろ、政治的な主張をしてなんぼだと思うのだ、ロックは。

で、ふと思い出したのだった。

ロックと政治の原体験って何だろう、と。

もちろん、もともとなんとなく、意味も分からず聴いていた、政治的メッセージを含む曲なんかはいっぱいあるわけだけど、ロック×政治ってことを初めて認識したのは、この曲だった。

LOUDNESS
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-11-25


LOUDNESSの”HURRICANE EYES”というアルバムに入っている”S.D.I”という曲だ。

こんな歌詞だ。


10年前のライブより。樋口宗孝さんがまだ生きていた頃だな。

若い人は知らないであろう、米国のS.D.I構想について歌った曲だ。ちゃんと音楽×政治を認識したのはこの曲だった。なんというか、兵器とか戦争の恐ろしさを歌っているような。

なんせ、このテクニカルな演奏にやられた。いや、当時はテクニカルだと思っていたけど、今聴くと荒い部分なんかもあるわけだけど。

1987年、中1の時の出来事だった。

ちなみに、RCサクセションの"COVERS"が出たのは、その翌年だったのだよね。他にもブルーハーツの曲に音楽×政治を感じたり。

ロックは主張してなんぼなんだよ。

俺もロックするわ。

歌詞書かないと。

あわせて読みたい

「音楽」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  2. 2

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  3. 3

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  4. 4

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  5. 5

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  6. 6

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  7. 7

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  8. 8

    東京中心・東京目線のコロナ対策 石破茂氏「意図的にすら思える」

    石破茂

    04月16日 18:54

  9. 9

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  10. 10

    日本の子どもを取り巻く環境 身体的健康は世界1位でも心理的健康は37位

    山田太郎

    04月16日 15:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。