記事

ユーロ崩壊危機〜「一国二制度」を採用する元共産主義国家が、「資本主義発祥地」欧州を救う皮肉な構図

世界の金融市場は、中国大連で開幕した夏季ダボス会議で中国温家宝首相が、欧州の債務危機について「中国は常に欧州を支援すると表明してきた。今後も対欧州投資を拡大する」と、「イタリア当局が中国の政府系ファンドにイタリア国債の売却などを打診している」との12日付英紙フィナンシャル・タイムズ (FT)の報道を裏付ける発言をしたことに加え、14日、ドイツのメルケル首相とサルコジ仏大統領、ギリシャのパパンドレウ首相の3者電話会談で、独仏首脳が「ギリシャの未来がユーロ圏にあることを確信している」と「ユーロ崩壊」を否定する声明を発表したことなどを受けて、ユーロが買い戻される展開となった。

中国の欧州支援に対しては米国が警戒感を強めているが、先進国が財政面で大きな制約を抱える中、スポンサーになり得る国は中国しかいないというのが実情。とかく一党独裁体制という政治体制が批判を浴びる中国ではあるが、財政危機に見舞われている欧州のスポンサーとなり得る唯一の国中国が、迅速に政策決定が出来る政治体制であったことは、金融市場、資本主義にとって幸運だったと言える。「一国二制度」を採用する元共産主義国家が「資本主義発祥の地」欧州を救う構図は、何とも皮肉な構図。

スポンサー中国の出現で救われた形であるが、欧州の危機が去ったわけではない。金融市場の反応は、「ユーロ崩壊の危機」が消えたわけではなく、「今日明日に崩壊する可能性は消えた」というもの。

中国の欧州支援が報じられて以降、13日にはイタリアで、14日には、米国で国債入札が行われた。

13 日に実施されたイタリア5年国債の入札は、イタリア当局が中国の政府系ファンドにイタリア国債の売却などを打診しているとの英紙フィナンシャル・タイムズ (FT)の報道が伝えられた翌日であったにもかかわらず、平均落札利回りは5.60%と前回7月の4.93%を大きく上回ったうえ、応札倍率は1.28倍と7月の1.93倍から低下し、低調な入札に留まった。

一方、14日に実施された米国の30年債入札は、FRBが「オペレーション・ツイスト」を打ち出す期待もあり、最高落札利回りは3.310%と09年2月の入札で記録したこれまでの過去最低3.540%を下回ったうえ、応札倍率は 2.85倍と3月入札の3.02倍以来の高倍率となった。 外国の中央銀行を含む間接入札の落札全体に占める比率は39.4%。08年2月以来の低水準だった8月の入札の12.2%から大幅に上昇し、依然として米国債に対する世界の信頼の厚さを見せつけた。

こうした国債入札の格差は、金融市場が「ユーロ崩壊の危機」を強く抱いていることの表れ。

中国というスポンサーが現れ、ECBがFRBや日銀などとの協調に基づきユーロ圏の銀行にドル資金を供給するオペを実施することで、「金融面(流動性)の欧州リスク」は一時的に軽減された格好が、ドイツのメルケル首相が15日、ユーロ圏共同債は「完全に間違い」だと述べて共同債発行構想を拒否する考えを強調したことに象徴される様に、ユーロ各国間での「政治面の欧州リスク」は決して軽減されていない。

リーマンショック3周年を迎えて金融市場は落ち着きを取り戻したかにみえるが、これは一時的な平穏に過ぎない。と同時に、リーマンショック3周年は、「資本主義発祥の地」欧州が、「一国二制度」を採用する元共産主義国中国の支援に頼らざるを得ない状況に陥るという、資本主義にとって歴史的な一日ともなった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。