記事

米経済「全般的に良好」、多くの国民が貧困状態=IMF

[ワシントン 22日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は22日に公表した米国に関する年次報告書で、米経済は「全般的に良好」に推移しているとしながらも、多くの国民が貧困状態に置かれていると指摘した。

報告書でIMFは米経済成長率は2016年は2.2%、17年は2.5%になると予想。インフレ率は米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%に向けて緩やかに上昇していくとの見方を示した。

そのうえで「ドル相場は10─20%過大評価されている」と指摘。「現在の実効為替レートに基づくと米国の経常赤字の国内総生産(GDP)に対する比率は2020年までに4%を超えると予想される」とした。

ラガルド専務理事は会見で、ドルが過大評価されているのは、主要貿易相手国による為替操作の結果ではなく、世界的な不確実性がドルへの資金流入を加速させているためだと指摘。

「過去1年におけるドルの上昇は不透明感に加え、商品(コモディティ)価格の変動が他の通貨に比べてドル相場に一段と直接的な影響を与えることにおそらく起因している」とした。

また米連邦準備理事会(FRB)は安定を最優先課題とし、政策金利の「急激な」変更は避ける必要があるとの考えを表明。利上げは緩やかに、かつ市場と上手く対話しながら進めるべきだと述べた。

FRBの政策決定は指標に基づくべきで、後で政策の転換を余儀なくされないよう経済を支援するやり方で実施される必要があるとした。

IMFは将来の米成長に対する最大のリスクとして、外需低迷、高齢化に伴う労働参加率の低下、貧困問題の深刻さを挙げた。

その上で、労働参加率の押し上げに向けた女性の労働参加支援策の拡充や移民制度改革、パートタイム就業を可能にするための障害者手当て制度見直しに取り組むよう政策担当者に求めた。これに加え、連邦最低賃金の引き上げや一段の勤労所得税優遇策、幼児教育の改善も提案した。

*内容を追加して再送します。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  3. 3

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  4. 4

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  5. 5

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  6. 6

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  9. 9

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  10. 10

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。