記事

野良ロボットは参政権要求をするか?

1/2
AIやロボット関連の話題が多くなった昨今。
 人間に反乱するAIやロボットを、真面目に想定する人たちもいるのだが……

徒党を組む〝野良ロボット〟が参政権要求、振り込め詐欺、人間に反乱…AIのリスク総務省研究所が報告 - 産経ニュース
 ロボットが参政権付与を要求し、民主主義のリスクに-。総務省情報通信政策研究所は20日、人工知能(AI)を用いたネットワークシステムの社会・経済への影響、課題などを検討する会議の報告書をまとめた。

 AIで動くロボットに起こり得るリスクについて、ハッキングや制御不能のほか、ロボットがAIにより自らの意志を持って動き出し、人間との関係が変わっていく可能性にも言及。リスクを管理するため、「人間に反乱するおそれのある人工知能の開発の事前の制限」の必要性も指摘した。

 ちょっと待て!(^_^)
 リスクを想定するのはいいが、かなり気が早すぎるぞ。
 AI技術は進歩していくだろうが、現状、実現できているAIは限定的な能力しかなく、過大評価しすぎだ。
 囲碁で人間の棋士を制圧したからといって、人間に対して権利を要求するようになるわけじゃない。その間には、エベレストよりも高い壁が立ちはだかっている。
 AIは計算はしているが、「思考」をしているのではない。

参照→「AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

 上記エントリでは粘菌の例を挙げたが、現在のAIはもう少し高度なので、「蟻」のレベルかもしれない。
 蟻の個々の個体は、それぞれに役割を与えられて、遺伝子に刻まれた本能というプログラムを実行している。個々の蟻が「思考」して作業を実行しているのではなく、わずかばかりの神経系で計算して行動しているだけだ。餌を探しに行くときは、障害物に遭遇したら迂回して道を探し、巣に帰るときには自分が残した臭いを辿って戻る。機能と行動としてはシンプルだが、女王蟻を頂点とする群れとしては、高度に社会的なシステムを構築している。一種の集合知だが、そこに「意思」や「思考」はない。蟻は生存本能の遺伝子プログラムを実行しているにすぎない。
 人間が観察すると、統率された行動や、蟻塚のような造形をすることから、社会的な生物であると考えてしまう。しかし、「社会的」という認識そのものが、蟻を擬人化している発想だ。蟻は社会的などという意識は、微塵も持っていない。蟻は個体だけでは生存できず、集団としてのみ生きられる。数百匹~数千匹の蟻の集団が、生物としての蟻ともいえる。
 囲碁のAlphaGoや接客ロボットのPepperは、目の前にある端末が本体ではなく、AIはクラウド上の巨大なサーバー群だ。そういう意味では、端末としてのロボットは個々の蟻のような存在。

 上記の記事では、想定リスクの目立つ部分が取り上げられているが、詳細は以下のページの「報告書」PDFに記載されている。
 その中の一節。
総務省|AIネットワーク化検討会議 報告書2016 の公表
3.「智連社会」における人間像
(1) 「智連社会」(Wisdom Network Society:WINSE ウインズ)
本検討会議は、中間報告書において、AIネットワーク化の進展を見据え、人間とAIネットワークシステムとが共存する段階(第四段階)における社会の在り方を構想した結果、目指すべき社会像として、智連社会(Wisdom Network Society:WINS ウインズ)を掲げた。この智連社会という社会像は、「高度情報通信ネットワーク社会」及び「知識社会」のような「情報」・「知識」(知)に着目した従来の社会像の次にその実現を目指すべき、「智慧」(智)に着目した社会像として構想したものである。
リンク先を見る

 ここで「智連社会」という耳慣れない言葉が出てくる。
 「知」から「智」へ……ということで、造語らしい。「智慧」という言葉も出てくるのだが、これは仏教用語で、「物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力。「智」は相対世界に向かう働き、「慧」は悟りを導く精神作用の意。」ということだ。
 Wisdomの和訳として「智慧」を当てているのだが、少々意訳すぎないか?

wisdomの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
1. a 賢いこと,賢明,知恵; 分別.
 b 〈…する〉賢さ,賢明にも〈…する〉こと.
2. 学問,知識,博識.

 Wisdomの前段階として、intelligenceが置かれているが……

intelligenceの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
1. a 知能,理解力,思考力.
 b 知性,聡(そう)明,(すぐれた)知恵.
 c 〈…する〉機転,知恵,賢明にも〈…する〉こと[力].
2. 知性的存在; 天使.
※以下省略

 ……と、Wisdomがintelligenceよりも上位に位置づけられるわけでもない。むしろ、intelligenceの方が「知性的存在」ときには「神」の表現にも使われることすらある。
 「知」と「智」の違いは諸説あるが、大筋は……

老子・第三十三章

「智」と「知」の違いについて・・
 「知」の「知る」という知識的な意味に対して、「智」には、物事を判断し、適切に処理対応できる能力、というニュアンスがある。
【解字】・・
「知」は「口」(驚き叫ぶ意)と「矢」(立て続けに並べる、喋る意)から、ぺらぺらと喋る意。転じて、知る。
「智」は「知」の下に「曰」(イワく)が付加されているが、これによって、言葉の意味を強調したものとなり、転じて、その話す内容に「知恵」というニュアンスが含まれる。

 この説明が簡潔でわかりやすかった。
 英語を和訳するのなら、intelligenceが「智」で、Wisdomが「知」なのではと思ったりもする。
 いずれにしても、仏教的な「智慧」の概念は、欧米人に説明するのは難しいように思う。
 あえて、言葉を選ぶなら「今と未来の新語のいろいろ」で取り上げた、「Intelligence Amplification(知性増幅)」の方が合っている気がする。

 「AIネットワーク化検討会議 報告書2016」に出てくる、AIリスクについての「野良ロボット」のくだりは、以下のようになっている。
リンク先を見る

 ここでいう「野良ロボット」が、端末としてのロボットであるなら、独立したロボットではなく、クラウド上のAIから切り離されれば、ただの粗大ゴミでしかない。
 現状のAIは巨大なサーバー群であり、その性能を人型の大きさに詰め込むのは容易ではない。ムーアの法則で18か月ごとに倍になるというのは、もはや限界になっているとされ、回路が複雑になるほどに性能はあまり上がらなくなる「ポラックの法則」によれば、発熱問題によって頭打ちになるという。
 その問題を打開するために、コア数を増やして並列化しているわけだが、これにも限界がある。ノイマン型のシリコンチップで、自意識のあるAIを、人型サイズに詰め込むのは、ほぼ不可能といってもいいかもしれない。突破口は「量子コンピュータ」だが、実用レベルになるのはまだ先の話。

あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  2. 2

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  3. 3

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    BTS炎上 思想なき浅はかさが原因

    文春オンライン

  5. 5

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  7. 7

    低所得者ほど同僚とよく飲むワケ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    マツコ 可愛くない子には真実を

    キャリコネニュース

  10. 10

    空自は低価格の中国機を導入せよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。