記事

めだつ不公平議事運営/日本記者クラブ討論会 首相発言多く

 21日の日本記者クラブ主催の党首討論会では、野党の発言回数や発言時間が厳しく制限される一方、安倍晋三首相には言い分を宣伝する時間と機会が十分に与えられるという不公平な議事進行が目立ちました。

 特に、主催者側が各党党首に対して質問する第2部では、質問者の1人の読売新聞の橋本五郎特別編集委員が「安倍総理に質問が集中するかと思う。参院選は中間選挙で政府がなにをしてきたのかを問いただす場だから、ほかの党首も了解していただきたい」と表明。その結果、主催者からのおよそ30回の質問のほぼ半数が安倍首相への質問となり、安倍首相とのやりとりが20分以上続く場面もありました。

 安倍首相は、1回の質問に対する回答も設定時間の1分をたびたび超過。時には3分半近くに及ぶこともありましたが、主催者が制止することはありませんでした。

 橋本氏も「第2部は不公平なことがあったかもしれません。お許しをいただきたい」と不公平な議事進行を認めざるを得ませんでした。

 参院選報道をめぐっては安倍政権に対するメディアの“自粛”も話題になりました。日本共産党、民進党、社民党、生活の党の4野党が公示後のテレビの党首討論開催を求めているのに対し、自民党は多忙を理由に出演を拒否しています。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。