記事

出口なしの国債と日銀

「出口なし」という小説があった。小説というよりは寓話というほうが適切だろう。作者は哲学者として有名な(今はどの程度有名かは知らないが)、サルトルである。今の政府と日銀はまさに出口なしである。

日銀は毎年80兆円の資金供給を続けている。講演会用にデータを集めていると、現在、日銀は429兆円の資産を保有している。そのうち374兆円が国債である。日本の毎年の実力(国内総生産、GDP)が500兆円だから、1年後に日銀の資産総額がGDPに接近する。そのうち国債は1.5年後にGDPを超える。

これが何を意味するのか、過去に経験しなかっただけに、誰にも予測できない。

とはいえ頭に置くべき数値は、現在の日本政府(国)の税収が、景気の浮上した今年度の予算でも60兆円少しだということである。国債発行残高が1000兆円に達しているから、国が税収に1銭も手を付けなかったとしても、現在ある国債の返済に17年かかる。日銀が保有する国債だけでも、現時点ですでに7年近くを要する。

現実問題として、政府が職員を雇っていること、社会保障費を支払っていること、そもそも現在は支出超過であること、これらを総合的に考えると、国債をゼロにすることはもちろん、日銀保有分の解消でさえ「ほぼ絶望的」「出口なし」に近い。日銀保有分の解消がありうるとすれば、国債の金利水準が大きく上昇した時だろう。

思うに、日銀は政府の走狗と化した。当然、当初のシナリオにあっただろう。だから「出口なんて今は考えていない」との発言になったのだと思う。そんな日銀の職員の内心は忸怩たるものと察する。ついでに勤めていなくて良かったと思う。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。