記事

ロックとは何か?

ロックフェスで政治性を拒否する観客が多いことに対して、Shiroさんのこの意見にもハッとしました。 

「表現というものは、已むにやまれぬものではないでしょうか。」
「そういうものがない表現を求める人ってなんなんだとなりますが、なんか寒気がしてきたので結論は出さないでおきます。」

今の観客は、愛が大切、恋は素晴らしい、命は大切・・このくらいしか聞きたくないのでしょうね。 

今なら忌野清志郎の「SUMMER TIME BLUES」なんかロックフェスでも観客に拒否されるんだろう。
キヨシローがこの歌を歌っているときは、わしはまだ原発の安全神話を信じていたので、「左翼的」に偏り過ぎると思っていた。
ところがわしが間違っていた。 

キヨシローの歌は左翼でも何でもなかった。
予言の歌だった。
政治性というより、ロックだったのである。 

ロックは党派性があってはダサくなる。
したがってシールズのように、明確に「護憲派」野党の党派性が見え見えの連中はダサい。
それはロックではない。
ロックはやはり反体制の不良でなければならない。 

全体主義が社会を覆っているときに、「王様は裸だ!」と叫ぶのは「已むに已まれぬ表現」であり、ロックだろう。
だが、特定の政党の味方をして、「安倍政権は裸だ!」ということは党派性であり、反体制にも、ロックにもならない。
「民主党と共産党と社民党は立派な服を着ている!」と叫んだら、おしまいなのだ。 

そもそも民主主義というイデオロギーを信奉しているレベルでは全然ロックにならない。
民主主義そのものを批判することこそがロックである!

あわせて読みたい

「音楽フェス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  5. 5

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  7. 7

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  8. 8

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    二階氏の「努力不足」発言に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。