記事

ロックとは何か?

ロックフェスで政治性を拒否する観客が多いことに対して、Shiroさんのこの意見にもハッとしました。 

「表現というものは、已むにやまれぬものではないでしょうか。」
「そういうものがない表現を求める人ってなんなんだとなりますが、なんか寒気がしてきたので結論は出さないでおきます。」

今の観客は、愛が大切、恋は素晴らしい、命は大切・・このくらいしか聞きたくないのでしょうね。 

今なら忌野清志郎の「SUMMER TIME BLUES」なんかロックフェスでも観客に拒否されるんだろう。
キヨシローがこの歌を歌っているときは、わしはまだ原発の安全神話を信じていたので、「左翼的」に偏り過ぎると思っていた。
ところがわしが間違っていた。 

キヨシローの歌は左翼でも何でもなかった。
予言の歌だった。
政治性というより、ロックだったのである。 

ロックは党派性があってはダサくなる。
したがってシールズのように、明確に「護憲派」野党の党派性が見え見えの連中はダサい。
それはロックではない。
ロックはやはり反体制の不良でなければならない。 

全体主義が社会を覆っているときに、「王様は裸だ!」と叫ぶのは「已むに已まれぬ表現」であり、ロックだろう。
だが、特定の政党の味方をして、「安倍政権は裸だ!」ということは党派性であり、反体制にも、ロックにもならない。
「民主党と共産党と社民党は立派な服を着ている!」と叫んだら、おしまいなのだ。 

そもそも民主主義というイデオロギーを信奉しているレベルでは全然ロックにならない。
民主主義そのものを批判することこそがロックである!

あわせて読みたい

「音楽フェス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  3. 3

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  4. 4

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  5. 5

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  6. 6

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  8. 8

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  9. 9

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  10. 10

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。