記事

「政治と金」の問題を鋭くえぐっていく!

昨夜(6/19)、池上彰さんがMCを務めるテレビ東京の番組 「緊急報道 日本人が怒っている!」を興味と関心をもって視ました。

話題は多岐にわたっていましたが、中でも、国民が政治家を信用できると思っているかのアンケート調査をはじめ、自民党の小池百合子衆議院議員の政治団体に係る収支報告書と民進党の津村啓介衆議院議員の政治団体に係る収支報告書をそれぞれ映した上、両先生が、政治と金の問題について答えておられたシーンが印象に残りました。

平成27年度(昨年度)の収支報告書は、未だ公開前ですが、このように、現時点でテレビで公開することで、両先生方の「政治と金」の問題に対する真摯な姿勢が伝わってきました。

国民は、「政治と金」というフレーズを聞くだけで、なにかダーティなイメージを連想しがちですが、実は、政治家がどのようなことにお金を使い、それが政治活動にどのように関連しているのか、そのことにつき、日ごろから、国民やマスコミが、関心と監視の目を輝かせていけるか、ということが、ザル法と言われている「政治資金規正法」をザル法にしない手段だと思っています。

いみじくも、政治資金規正法は、第1条で、「国民の不断の監視と批判」が必要であることを謳(うた)っています。

この精神に基づき、舛添要一都知事の一政治資金の不正使用などの問題を、今後撲滅していかなければならないと思っています。

そうしないと、まさに、「日本人は怒っている」から、「日本中の国民は激怒している」へ変わるのも、そう遠くないと思います。

これまでの経験・経歴に照らし、政治資金規正法に詳しい私としては、政治家として、こうした政治資金の問題を鋭くえぐっていきたいと思っています。

あわせて読みたい

「政治資金規正法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。