記事

「水素水」は効果がありますか?

最近、話題になっている『水素水』について、国立健康・栄養研究所が見解を示したと産経ニュースが報じています。

「有効性に信頼できる十分なデータが見当たらない」 国立健康・栄養研究所が見解

同研究所の情報センター健康食品情報研究室では、『「健康食品」の安全性・有効性情報』というサイトを運営しており、健康食品をどのように理解すべきかといった総論的な内容の他、個別の成分についても主な研究結果を提示したうえで解説しています。
私自身、患者から「〇〇という健康食品を買おうかと思うが、効果はあるか?」といった相談があった際には、このサイトの情報を最初に確認し、必要に応じて個別の論文情報を検討するといった手順を踏んでいます。

「健康食品」の素材情報データベース 「水素水」

この中で、情報センターは下記のように概説しています。

『俗に、「活性酸素を除去する」「がんを予防する」「ダイエット効果がある」などと言われているが、ヒトでの有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない。現時点における水素水のヒトにおける有効性や安全性の検討は、ほとんどが疾病を有する患者を対象に実施された予備的研究であり、それらの研究結果が市販の多様な水素水の製品を摂取した時の有効性を示す根拠になるとはいえない。』

いわゆる健康食品について効果があるかどうか考慮する際、研究成果は大きな役割を果たしますが、たいていの場合、「効果あり」とする結果もあれば、同じ成分に対して「効果なし」あるいは「健康被害の報告あり」といったネガティブな評価も存在します。
健康食品を販売する側は当然、「効果あり」の研究成果を引用したうえで、「科学的根拠がある」として宣伝・広告を行う訳ですが、実際に重要な視点は、

『様々な研究成果を総合的に考慮した結果、「効果がある」と総括することが妥当か』

『「効果あり」の場合、その効果は自分が期待する程度に大きなものか』

『副作用・健康被害について、過小評価していないか』

『自分が求める結果を得ることができる、別の確実な方法はないか』

であるはずです。

本来の職責を考慮すれば、薬剤師はこうした「ニーズ」に対し、購入者(患者)の健康利益を第一に考えて相談に乗る存在であって欲しいものですが、「自由な経済活動」を重視する日本ではこうした薬剤師を探すことも簡単ではありません。

情報を吟味し、「かかりつけ」の医師や薬剤師とも相談しながら、どの健康食品を利用するか(もしくは利用しないか)について、検討して頂ければと思います。

あわせて読みたい

「水素水」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  5. 5

    日本が何度沖縄を踏みにじったか

    Chikirin

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ウォール街の期待はバイデン勝利

    WEDGE Infinity

  8. 8

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    自民に必要な中曽根氏の外交感覚

    山内康一

  10. 10

    甘利氏の傲慢対応 菅自民を危惧

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。