記事

野党共闘は参院選の争点ではないー政策を隠して相手の体裁を批判するの愚

今週22日に公示される参院選、東京都知事の金遣いを巡る話題で煙に巻かれ、舛添知事の辞任で視界が澄み渡るかと思いきや、参院選より後に実施されるにも関わらず、今度は都知事候補は誰かの予想合戦という煙がどこからともなくやってきた。更には観測気球まで上げられている。今後の国政に直接的な影響を与える大事な選挙だというのに、火元はどこだろうか?

さて、その参院選の争点、与党は経済だと言い、野党側はそれに乗りつつも憲法改正反対や安保法制反対も前面に出してきている。争点隠しは安倍政権の真骨頂であることは前回のブログにおいて指摘したところであるが、ここへきて、野党共闘を無責任だと過剰に批判するようになってきている。3分の2を阻止すると言っているが、民進党と共産党では政策が一致しにない部分があるのに、選挙で勝ったとして民進と共産で政権を樹立できるのかというのが彼らの主張のようだが、参院選は政権選択選挙ではないのに、参院選の勝敗によって自民・公明の連立政権から野党共闘政権に替わる可能性があるように主張するのは、詭弁以外の何ものでもないのではないか。

  これは、要するに与党は野党共闘の是非を争点に加えて、他の争点を隠す煙幕としたいということなのだろう。それほどまでに個別の政策、憲法改正や安全保障、更にはアベノミクスの失敗を争点にして選挙を戦うことが怖いのだろうか?それほどまでに野党共闘が怖いのだろうか?
(例えばアベノミクスが失敗していたとして、自ら代替案を出せばいいだけの話だと思うが。他党に対案対案と言う割に、与党は自らは腹案も代替案も出せないということなのか。これではどちらの支持者でもない無党派層は判断しようがないだろう。あまりにお粗末な状況である。無党派層の動向は投票率を左右し、投票率は当落を左右する。要するに、政策に興味を持つな、選挙に関心を持つなという意思の表れか?)

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  4. 4

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。