記事

「介護」をテーマに馬淵議員が介護の不安を抱える皆さんと意見交換

 選挙担当の特命副幹事長を務める馬淵澄夫衆院議員は18日午後、「一人ひとりの声を政策に 民進党あなたと進むワークショップ」と題して党本部で行われた懇談会に参加。「介護」をテーマに両親など家族の介護を経験したり、今後介護する可能性がある40、50代約20人の参加者と意見を交わした。馬淵議員も自分自身と妻と双方の両親と同居し、介護した経験を持つ。

 会の冒頭では(1)平均寿命が延びるなか老人ホームに入れない高齢者が増えていること(2)親の介護のために会社を辞める介護離職者が年間10万人を超え、安倍政権が掲げる「介護離職ゼロ」という目標は絵に描いた餅となっていること(3)介護士不足は介護従事者の給与が一般労働者よりも月額で約10万円も低いことが主な原因であること――など、日本の介護の実態を数値で示した動画を見て「待ったなしの状況」を確認した。

 馬淵議員は自身の介護の経験を語るとともに、介護制度のしくみが分からないという参加者の声を受けて説明し、特別老人ホームの待機人数が多くて入所できないといった切実な声に耳を傾けた。

参加者それぞれが介護の課題について考えを語った
参加者それぞれが介護の課題について考えを語った

 また、自身の経験に基づき、親の身に認知症を疑わせる症状が出始めたにもかかわらず、その現実を家族が受け入れるまでに時間がかかったことが適切な対応への着手を遅らせたこと、またどういう介護サービスを受けられるかを把握するまでに相当な時間を要したことなどを語り、参加者からも同様の声があった。馬淵議員は「東日本大震災などを経験したこともあって防災リテラシーはだいぶ高まったが、介護に関してはまだまだ。介護リテラシーを高めていくことが必要」と問題提起した。介護の実態、それへの自治体などの支援の在り方等を教育現場で学ぶ機会をつくるなど、国民全体の介護リテラシーを高めていくことが必要だと指摘、「これは政治の役割」だとして仕組みづくりに取り組む考えを語った。

 同じく政治の役割として「介護士の待遇改善は当然のことだ」とも言及し、民進党は専門性のある介護士の価値を高めていくことが重要だとして待遇改善法案を国会に提出したことを報告した。

「民進党は何点?」との問いの答えを手に記念撮影。
民進党の評価点を手に記念撮影。将来不安をなくすため愚直に取り組むと宣言する馬淵議員

民進党機関紙局

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    五輪警備の機動隊 ワクチン接種が終わらず、毎日“揚げ物弁当”で不満の声

    SmartFLASH

    07月23日 06:00

  3. 3

    物議を醸す白鵬の「カチ上げ」横綱にふさわしくない行為なのか

    新井克弥

    07月22日 16:26

  4. 4

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  5. 5

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  6. 6

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  7. 7

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  8. 8

    「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償

    PRESIDENT Online

    07月22日 11:07

  9. 9

    会社にとって「お荷物な社員」ってどうして発生するの?と思った時に読む話

    城繁幸

    07月22日 15:30

  10. 10

    ドイツでの感染症対策の在り方と日本の違いがあまり理解されない件で

    やまもといちろう

    07月23日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。