記事

各党党首討論─公示後の予定は1回、安倍総理は逃げずに議論を

事実上の選挙戦が始まって2週間、全国の応援に飛び回っていますが、明日19日は、最初の各党党首討論が行われます。

ただ、明日は1日3回、その次も21日に3回と、討論は公示前に集中していて、公示日(22日)以降の党首討論は1回(24日)だけです。前回3年前の参議院選挙では、公示日以降の党首討論は4回、6年前の前々回、これは菅総理でしたが、やはり4回やっています。

自民党からテレビ各局に対して、安倍総理の出演は6月19日から25日までの1週間に限定するという要請があったとも聞いていますが、私が非常に懸念しているのは、選挙戦本番に入って、投票日までの最後の2週間、全く党首討論の機会がないというのはいかにも偏っているということです。

最後の2週間で、いろいろな争点が各党の選挙運動を通じて集約されてくるなかで、争点を絞り込んだ議論が有権者に見える形で行われるのが本来あるべき姿です。政府が新たな政策を打ち出したり、大きな事件・事故が発生する可能性もあります。

先般、民進党はじめ野党4党幹事長の連名で、自民党に対し、公示日以降の党首討論に積極的に対応するよう申入れを行いました。安倍総理には、街頭演説で一方的に野党を批判するのではなく、有権者の前で、各党党首と逃げずに議論していただきたいと思います。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

  4. 4

    医療逼迫から社会逼迫 結局柔軟な対応ができない日本という国

    中村ゆきつぐ

    01月25日 09:15

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。