記事

「立憲主義を貫徹させる改憲派」が必要である

「荒川強啓デイ・キャッチ!」で宮台真司がレギュラーで出ているコーナーに、東浩紀と一緒に出た。
幸いにも憲法に関しては、この3人ほとんど同じ考えで、「立憲主義による改憲派」という立ち位置は、残念ながらこの日本に、めったにいないようだ。
それだけに意気投合できて、気持ちが良かった。

番組でも話した通り、「立憲主義を無視する改憲派」である安倍政権に対抗するには、「立憲主義を貫徹させる改憲派」の政党が改憲草案を提出せねばならない。

かつては民主党内に、細野や長島や前原や野田など、改憲派がいたはずだ。
なのに彼らの意思が封印されてしまって、あろうことか共産党やシールズ坊やに占拠されてしまい、岡田民進党は「護憲派」の旧社会党と同じ地点まで後退してしまった。

言論状況まで、「安倍シンパVSアンチ安倍」に二分されてしまい、日本人の知性は劣化する一方である。
言論のやり直しをせねばならない。
宮台氏、東氏には期待しているからな。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。