記事

知名度だけが候補者選びの選択肢 上がっている名前をみると舛添要一氏よりも怖い!

 舛添要一東京都知事が辞職しました。7月末か8月初旬にも投票になります。
 ある意味では突然の辞職ですから、「短期決戦」であり、政党としてはこの短期間にどれだけ候補者の名前を有権者に浸透させることができるかが勝負ということになります。

 この間、ネットで取り出されている名前をみると、こういった名前しか挙がらないのかという感じのものばかりです。

 橋下徹元おおさか維新の会代表
 東国原英夫元宮崎県知事

 知名度で何とかなると思っている人、この人なら当選可能だ、という次元です。

 こちらの記事で上がっている人たちがインターネットでの投票だそうですが、この記事からは選択肢を示されているのかどうかはわかりませんが、どうにも「知っている人は誰?」というレベルのものです。
都知事になってもらいたい人1位は「だれもいない」とくダネ!調査でまさかの結果」(スポーツ報知2016年6月15日)

 この間、政党側もまさかこんなに早く舛添氏が辞職するなんて思ってもみなかっただろうから、知事候補なんて全く考えていなかったということでもあります。
 他方で、有権者に浸透するかどうかが候補選択の重要な要素というのは、結局のところ、有権者も知名度によって投票しているということの裏返しでもあります。

 このような有権者の動向が舛添要一氏のような知事を生み出したのでしょうし、結局、このまま選挙戦に突入すれば、橋下氏や東国原氏のような低俗な人たちが名乗りを上げて、マスコミが煽り、そして「当選」ということになるのだとしたら、恐ろしいことです。

 石原慎太郎氏は、最後の最後まで立候補表明をしないというやり方が常套手段としていました。マスコミが一番、取り上げてくれるからというそれだけの理由なのですが、そのマスコミは、石原慎太郎氏の希望通りの報じ方をしていました。

 知名度+マスコミが煽る

 これによって乗せられていく有権者によって新たな知事が誕生する、最悪の構図です。
自民党が朝日健太郎氏を擁立、「軽いノリ」で投票してね 候補も軽いから! これが自民党の「国に届け」です

あわせて読みたい

「都知事選2016」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  10. 10

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。