記事

スイス中銀、ブレグジットなら対応 マイナス金利拡大も=総裁

[ベルン 16日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は16日、英国の欧州連合(EU)脱退が決定し、スイスフラン相場が急騰すれば対応策を取ると表明し、政策金利のマイナス幅を拡大することも排除しないと指摘した。

ジョルダン総裁は記者会見で、英国がEUを脱退する「ブレグジット」について、可能性が高まっているものの、スイス中銀の基本シナリオではないと述べた。

23日の英国民投票を前に、中銀当局者の間で市場の動向について緊密に意見交換していることを明らかにした。

「ブレグジットは状況を一変させる。インフレ率と成長率予想の見直しが必要になる」と述べた。

その上で「精密な予想を示すことはやや困難だ。(ブレグジットが)何を意味するか、英国とユーロ圏の関係がどうなるか、ロンドンの金融街や国際市場にどんな影響があるかなどが不明だからだ。状況を分析することになる」と説明した。

総裁は、英国がEUにとどまることがスイスの利益になると述べた。

スイス中銀が為替市場に介入する際に上限はないと言明。また、マイナス金利にもかかわらず国民の間で現金を手元に置く動きはこれまでのところ見られていないと指摘した。

スイス中銀は16日、主要政策金利を据え置いた。中銀預金金利はマイナス0.75%に、3カ月物LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の誘導目標はマイナス1.25─マイナス0.25%に維持した。

据え置きは大方の予想通りで、市場はほとんど反応しなかった。

また最新の経済見通しを発表、2016年の成長率は1.0─1.5%とし、前回予想を据え置いた。

インフレ率はマイナス0.4%。前回見通しはマイナス0.8%。

2017年のインフレ率は0.3%と予想、2018年は0.9%と予想した。前回予想はそれぞれ0.1%、0.9%だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  4. 4

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  5. 5

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。