記事

「てこの原理」でおおさか維新が安倍政権を動かす - 塩田潮の「キーマンに聞く」【23:後編】渡辺喜美(元みんなの党代表)

ノンフィクション作家 塩田潮=文 尾崎三朗=撮影

みんなの党の分裂・解党の原因は何か

【塩田潮】2014年12月の総選挙で初めて落選を体験されましたが、敗北の原因は。

【渡辺喜美(元みんなの党代表・元金融担当相)】自民党の現職議員と戦うわけだから、選挙を優先すれば、「反安倍・反自民・反アベノミクス」を主張するほうがやりやすいけど、選挙優先のやり方は自分の美学に反しますので、言いませんでした。それが有権者の理解を得られなかったと思います。信念を曲げませんでしたが、なんら恥ずかしいことはないし、悔いることはないと思っています。

画像を見る
渡辺喜美氏(元みんなの党代表・元金融担当相)

【塩田】落選は『週刊新潮』の借入金問題の報道が響いたのでは。

【渡辺】必ずしもそうではないと思いますね。14年の総選挙で一番大きかったのは、みんなの党がなくなったことです。党がなくなり、党首でもなくなって、力がなくなった。しかも栃木県は知事も市町村長も自民党が差配しています。もう完璧に野党だろうというので、業界団体はこぞって自民党に行く。こちらは一議員ですから、地元の人たちの間で、あんたは自民党の議員と比べて身近なところで地元密着でやっているのかという批判が大きかったと思います。それで3万票くらい減ってあえなく落選という感じでしたね。

【塩田】振り返って、みんなの党の分裂・解党は何が最大の要因だったのですか。

【渡辺】私の理想は何をやるか、政策の実現優先でしたが、政治家は落選したくないから、次の選挙最優先の行動を取る。当然、私の路線は、「野党再編」でなく、「与党再編」になる。しかし、次の選挙優先の人たちは野党再編に傾く。その流れを抑えられなかったのが原因だったと思います。親父(渡辺美智雄・元副総理)は「何をやるかが大事だ」とずっと言っていましたが、誰と組むかを間違えると失敗するというのがみんなの党の教訓ですね。

【塩田】みんなの党を結成した後、安倍さんが再登場したのが誤算だったのでは(笑)。

【渡辺】当時、自民党で安倍晋三現首相が復権すると思っていた人はいなかった。ただ私は12年の5月か6月、安倍さんと菅義偉さん(現官房長官)に直で会っていろいろと話をしました。当時、大阪維新の会の橋下徹さんや松井一郎さん(大阪府知事。おおさか維新の会代表)から、自分たちがつくりたいと思っている新政治勢力のヘッドに安倍さんを持ってきたいから話をしてほしいと頼まれたんです。歌舞伎でいう「十八番」ができる役者がほしかったのでしょう。それで安倍さんに白羽の矢を立てた。私が直接、尋ねたら、安倍さんと菅さんは異口同音に「自民党の中で復権したい」と言った。

安倍さんは明快で強い意志を持っていました。これが復権の一番の原動力だったと思います。12年9月の自民党総裁選で、1回目の党員投票では負けましたが、国会議員の投票でひっくり返って総裁に復帰した。当時、大阪維新が大阪の全選挙区に候補を立てるとアドバルーンを上げていたので、「これはたまらんな」という自民党の人たちが、大阪維新との関係が非常にいいので総裁になったら上手にやってくれるのでは、という思いで安倍さんに票を入れた可能性が高い。そういう背景がよくわかっているから、今でも安倍さんと菅さんが橋下さんや松井さんとコンタクトを取っているんだと思いますよ。

「与党再編」と「野党再編」という考え

【塩田】みんなの党の代表の後、8億円借入金問題が噴出し、失脚につながりました。

【渡辺】私がやってきたことは間違っていたとはまったく思っていません。失脚の契機となった借入金問題も、徹底した捜査を受けましたが、結果は不起訴になり、法律上、何の問題もなかったことが明らかになりました。

要は新党づくりにいかに金がかかるかということです。資金調達はすべて私の役目だった。江田憲司さん(現民進党代表代行)も浅尾慶一郎さん(元みんなの党代表)もまったくやらないから、私の責任で資金調達を担った。これは非常にありがたいお金でしたね。このお金があったから、なんとか党運営を回していくことができたと思っています。

【塩田】現在、返済は完了したのですか。

【渡辺】返済は2年前の代表辞任のとき、終わっています。

【塩田】貸し主が『週刊新潮』で経緯を暴露しました。

【渡辺】江田さんが言っていることに渡辺さんが従わないから、こういうことになったと貸し主の方は言っていましたね。貸し主さんは大阪維新の会とみんなの党が選挙協力を解消したことから、13年の参院選の前だったと思いますが、もう私とはいっさい会いませんと言ってきたんです。そのときは「金は返せ」とは言わなかった。銀行が貸してくれない類の金ですから、キープしていたんですよ。

江田さんはその参院選の後、もうみんなの党では戦えないと言って反乱を起こした。次の選挙のために維新と一緒になるんだと言う。貸し主さんはその路線を支持したんだと思います。週刊誌で語っているのは、義憤、要するに江田さんの結いの党が参議院で質問の時間がないとか、そういう類の話なんです。私の立場から申し上げれば、それは国会対策のレベルの話で、丁重に説明しましたけど、それがけしからんと言う。

江田さんが相当の危機感を持っていたのは事実だと思います。13年の参院選で、われわれは18人を確保しました。自民党は当時、過半数に8議席くらい足りなかったから、陰のキャスティングボート勢力になった。当時、私はそういう言葉は使わなかったけど、「与党再編」を最終的に狙っていました。みんなの党のアジェンダを実現するために、まず党首同士の信頼関係に基づいて戦略対話を展開し、法案ごとの交差連合の形成を行う。与党国対、閣外協力、閣内協力と、いろいろな段階があるわけですから、進めようと思った。

一方、江田さんは野党再編をやりたい。そのために維新の橋下さんとくっつく。橋下さんは大阪都構想をやりたい。維新は、国会のトップは共同代表の石原慎太郎さんで、こちらは自民党よりももっと右で、憲法改正をやりたい。そうすると、野党再編よりも与党再編のほうがいいのではということになってくる。渡辺がそこに加わると、野党再編ができなくなってしまうという危機感が、江田さんは当然、働いたと思うんです。それで、貸し主さんのところに江田さんが行ったんだと思います。

政治家の使命はいかに日本の繁栄を長続きさせるか

【塩田】参院選で政界復帰を目指しているわけですが、国会に戻ることができれば、今後の政治家としての使命、役割をどう考えていますか。

【渡辺】日本が長期停滞国家になってしまった最大の原因は成長しないデフレ経済ですから、そこから脱却して、どこの国でもやっているような4~5%成長ができる国にするのが私の最大の使命です。親父の遺言でもありますが、「繁栄した国家や文明は数々あれど、繁栄し続けた国も文明も一つもない」と。政治家の使命はいかに日本の繁栄を長続きさせるかだと口を酸っぱくして親父は言っていました。

ところが、バブル崩壊後、立ち直れずにだらだらときてしまった。私の政治家人生は親父が手がけた不良債権処理がスタートでしたが、デフレ効果をもたらす不良債権処理をやれば、マクロ政策でアクセルを吹かさなければいけない。私は1年生議員の頃、「日本経済再生のバイアグラ大作戦」と称するワンセットの総合プランを唱えましたが、20年近くが経ち、残念ながらまだデフレから脱却できていないという現実がある。4%成長は安倍さんの「2020年のGDP(国内総生産)600兆円」とまったく同じです。私はおおさか維新ですが、「てこの原理」で外から安倍内閣を応援していくのが使命だと思っています。

【塩田】「与党再編」という路線を突き詰めていくと、いずれ自民党の中の違う路線の人たちを分離させ、与野党を含めた大仕掛けの政界再編が必要になると思われます。

【渡辺】自民党は昔から派閥連合政権とか、「ぬえ」みたいな体質とか、いろいろ言われてきました。かつて小沢一郎さん(元民主党代表)たちが選挙制度の変更をめぐって分裂しましたが、そういう分裂はないと思います。自民党は改革派よりも守旧派のほうがずっと多い。ただ大多数は中立派というか付和雷同組です。改革派が政権の中枢にあって、きちんと国家マネジメントをやっていれば、その人たちは従うと思います。

昔だったら、農協改革で農協中央会を廃止するなんて、ちょっと考えられなかった。それを現に断行しているわけですから。私の役回りは自民党の中に入るのではなく、外側から「てこ」を利かせていく。それが与えられた役回りかと思います。

あわせて読みたい

「おおさか維新の会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  5. 5

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。