記事

6月16日(木)ムネオ日記

 舛添都知事が辞職願を出し、都議会は全会一致で認めた。

舛添都知事は最後に発言を求め「都政の停滞を長引かせるのは耐え難く、私が身を引くことが一番だ」と述べている。

 最後に心からのお詫び、反省、混乱の謝罪、議会で答えなかったホテルで会った人の名前等、説明責任を果たすための発言の機会かと思っていたら何のことはない最後の最後まで上から目線の言い訳で終わってしまった。改めて自分中心の人だと思った。

 読者の皆さんも覚えていることと思うが、厚生労働大臣の時、年金保険料着服問題の時、「横領したような連中はきちんと牢屋に入ってもらいますよ。泥棒でしょ」と鋭く指摘した。

 また、閣僚が海外に行く時、ファーストクラスを使うことに「さもしい、根性が気に食わない」とこれまた判りやすい話をした。

ところが舛添都知事の言動は全く真逆でブーメランとして自分の処に返って来た。舛添都知事は政治家の言葉の重み、責任をどう考えていたのか。

東大を出たのだから勉強はしたと思うが、頭が良かったかと言うと?マークである。「地頭(じあたま)」がなかったといって良いだろう。それは人としての心がなかったということである。

人間、誰しも神様でもなければ仏様でもない。私は人生程々論である。社会が認める、理解してくれる許容範囲の中で生活している人が大半ではないだろうか。

舛添都知事が辞職したことで一件落着ではなく、都民の代表である都議会で答えていない疑問、疑惑についてしっかり答えさせることが大事である。辞めたからそれで終わりと言うことではいけない。

さらに政治資金規正法の見直し、透明化を図り、違反した者に対する法整備も必要でないか。

 国民から選ばれた国会議員の出番である。

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。