記事

渡辺喜美「参議院選挙出馬を決断した理由」を語ろう - 塩田潮の「キーマンに聞く」【23:前編】渡辺喜美(元みんなの党代表)

1/2
ノンフィクション作家 塩田潮

1日でも早い復帰を目指すべきだと思っている

【塩田潮】7月10日投票の参院選に比例代表での立候補を決めましたが、次期総選挙ではなく、参院選に出馬する理由は。

【渡辺喜美(元みんなの党代表・元金融担当相)】私に期待して下さる人たちは異口同音に「衆議院でも参議院でもいいから復帰してくれ」と言ってくれるんです。自分が力も組織もないという立場に置かれて歯がゆい思いをしていて、私自身も1日も早い復帰を目指すべきと思っています。私に期待をかけて下さる方々は全国にいるので、比例代表がいいと思いました。

画像を見る
渡辺喜美氏(元みんなの党代表・元金融担当相)

【塩田】おおさか維新の会の公認で、という選択は。

【渡辺】当選の可能性も当然、考えなければいけませんが、国会に戻って何をやるかが何よりも大事です。旧みんなの党が主張していたマクロ経済政策を現在、いろいろな党が言っています。安倍晋三首相のアベノミクスは、もともとみんなの党が掲げていた成長路線そのものです。首相官邸が主導して積極的に進めている金融緩和、積極財政、成長戦略という路線は、実は自民党の中では割と少数派ですが、みんなの党は自民党の外側から「てこの原理」で応援しました。今、おおさか維新がみんなの党とほぼ同じ主張を展開しています。主義、主張が似通っているのが有力な判断基準となりました。

【塩田】おおさか維新は「党の顔」だった橋下徹・前大阪市長が政界引退を実行中です。

【渡辺】橋下さんは多分、だらだらと長い時間をかけて政治をやるという発想は最初からなかったのでは。でも、もう一度、橋下フィーバーが起きて、知事からあっという間に首相になった細川護煕さんのようなシチュエーションあれば復帰もありかと思います。舛添要一東京都知事の問題がこじれていますから、東京都知事から復帰という線も面白いですね。そういう雰囲気が出てくるかどうか、本人はテレビに出ながらじっと見ているところじゃないんでしょうか。

【塩田】おおさか維新や橋下さんとは、もともとどういう関係だったのですか。

【渡辺】大阪維新の会の誕生には、みんなの党が投じた一石も関係しているかもしれません。2010年の参院選で、みんなの党が約800万の票をいただきました。参院選の直後にできたのが大阪維新の会です。橋下さんから翌11年の統一地方選挙を一緒にやりませんかという申し入れがあり、これは私にとって渡りに船でした。「大阪維新の会公認・みんなの党推薦」という形で一緒にやった。その後、大阪維新が国政政党になるとき、みんなの党はコンテンツを提供した。「維新八策」はみんなの党のアジェンダをかなり採用していますね。そういう経緯があり、私とおおさか維新との関わりは深いです。

【塩田】維新とみんなの党が一つになるという話がありましたが、頓挫しました。

【渡辺】会談が決裂したのは12年の8月でしたが、実は私がみんなの党の代表を退いた後、14年の9月くらいに橋下さんが「お詫びしたい」と言ってきたことがありました。12年8月、橋下さんは「みんなの党を解党して維新に合流したら」と言ってきましたが、みんなの党は当時、地方議員が300人くらいいて、参院選でも800万票を獲得していたので、落とし所としては、合流でなく、相互承認で、公認候補を推薦し合う形を考えていました。「解党は有権者に対して責任放棄になるからできません」と私はお断りしました。

橋下さんは2年後、「あのときは言い過ぎた」とおっしゃった。「けんか橋本」のイメージがありますが、律義で礼儀正しい人ですよ。私は会わなくても電話でどうぞと言って、電話で小1時間、話をしましたね。

非常事態のときこそ政治の真価が問われる

【塩田】橋下さんがいなくなった現在のおおさか維新をどう見ていますか。

【渡辺】橋下さんは政策・法律顧問という立場を通して事実上のオーナーではないでしょうか。おおさか維新の会はみんなの党同様、「何をやるか」の政策実現を重視する政党ですからね。

【塩田】安倍首相は通常国会の閉会日の6月1日に、17年4月実施予定だった消費税率の10%への引き上げを2年半後の19年10月まで延期することを決めました。

【渡辺】非常事態のときこそ政治体制の真価が問われます。熊本地震が発生し、一方で、経済は急激に需要が消えてなくなる事態ではないけど、リーマンショックを超える状態が進行しつつあるのは事実だと思います。国際商品市況を示すCRB指数(米英の商品取引所で取引されている先物取引価格から算出される国際商品指数)を見ているとわかります。原油価格が底を打ち、CRB指数も160まで下がったのが170とか180くらいになっていますが、リーマンショックのときでも、この指数は200を割っていなかった。ただならない異常事態が起こっても不思議ではない。じわじわときている危機で、それに気づかないといけない。安倍首相は当然、それが頭にあって増税先送りを決めたのだと思います。

あわせて読みたい

「渡辺喜美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。