記事

市原学園 365日・24時間体制で臨む法務教官の役割とは(前編)- 大元よしき

1/2

法務省のHPに、 少年院は家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容し、更生のための専門的な教育を行う施設で、健全なものの見方や考え方などを指導する生活指導、基礎学力を付与する教科指導、職業生活に必要な知識・技能を習得させる職業指導などの矯正教育を行うとともに、関係機関との連携の下、出院後の生活環境の調整、修学に向けた支援や就労支援等の円滑な社会復帰につなげるための支援を行うと記されている。

 その任に当たるのが法務教官である。

 各種メディアから受け取る体感治安とは異なり、刑法犯少年の検挙人員は、2004年から12年連続で減少記録を更新している。人口比でも10年以降、6年連続で減り続けていることは、前回の「スポーツ通じて考える 過ち犯した少年との向き合い方とは」でも触れたが、出院した少年が再び罪を犯すケースがあることから、再犯の防止は、社会全体の安定を図る重要な課題であることは言うまでもない。

 複雑化する社会を反映するように、少年犯罪も多様化してきている。一度社会の枠組みから外れた少年たちが更生し、真に社会復帰を果たす過程における法務教官の役割は極めて大きい。

 今回は少年たちと日々接している法務教官を取材した。

市原学園法務教官 中村和久専門官 寮主任に聞く

 大学卒業後、いったんは証券会社に就職するも、教育の道を志し28歳で転職した法務教官 中村和久専門官。すでにこの道20年を超すベテランとなった中村氏は、寮主任として日々少年たちと密接に関わり合いながら教育に携わっている。

――証券マンからの転職とは珍しいキャリアですね。

中村和久専門官:大学時代にもっと職業や人生について真剣に考えておけばよかったという後悔もあって悩んでいたところ、バブルが弾けて、先々が見えなくなっていきました。もちろんそのまま頑張るという選択肢もあったのですが、元々人が大好きで教員志望だったこともあり考え抜いた結果、より深く人に関われるということでこの道にチャレンジしようと決心しました。

 進学校の先生も少年院の法務教官も、教育という点では大きな違いはないと思ったのです。それがこの職業を選んだ理由です。

 人が好きで教員を志したので、なる前となった後で違和感のようなものはありませんでした。

 法務教官になっている職員は、きっと教員志望の流れから入ることが多いんじゃないかと思います。

少年犯罪を学び、刑事政策に興味を持ってこの業界を目指すケースもあるかもしれませんが、教育の道を志し、教員志望の延長線上で、この仕事を選んでいることが多いでしょうね。

 もっとも我々は教員と言うよりも職人と言ったほうが合っているかもしれません。

――法務教官になられて20数年が経ちます。その間社会も大きく変わりましたが、少年犯罪の傾向にはどのような変化が見られますか?

 以前は暴走族が多く道路交通法違反や傷害等が主でしたが、現在は以前ほど多くはありません。それに荒っぽい反面、感受性はあり、大人たちが物事の道理を筋道立てて説明してあげると思ったよりも理解し、考えるきっかけになる子達も少なくありません。

 しかし、暴走族は上下関係のシステムが出来ていて、暴力団の予備軍みたいなもので、それを知らずにカッコつけたいとか、ストレスを発散したいなどの理由で入ってしまい、知らないうちに道路交通法違反だけでなく、様々な犯罪に手を染めていくことになります。

 もちろん道路交通法違反も重大な犯罪ですが、傷害が絡んだり、窃盗に関わるようになったり、深みにはまっていくケースもあります。そうすると組織からは抜けられなくなってずるずると……。

 以前はそうした子たちが数多くいましたが、近年は詐欺系の犯罪が急増しています。

 きっかけはネットを通して誘いを受けたり、居酒屋等で誘われるケースが多いようです。あとは昼間にパチンコやスロットをやっていたら、声を掛けられた、とか。勿論、交友関係も大きなきっかけとなります。

 大学生や社会人が詐欺系の犯罪に関わるようになるきっかけは、何か人間関係で上手くいかないことがあったり、会社で失敗して無断欠勤して街をぶらぶらしているときなどに魔が近づいて来ることが多いようです。

 最初は「やばい」と思うらしいんです。でも、会社に行っていないのでお金が無かったり、収入面で親につじつまを合わせなければならないというのが詐欺系に加担するパターンです。最悪、捕まっても「知らなかった」と言えばいいと思っているケースが多く、だいたいの子はそう言えば少年院には行かなくて済むと思っています。どんな役割であっても関わるだけで犯罪だということをもっと広く社会に教えていかなければいけませんね。

 また、弁償に関しても、個人的にはしなくていいと考えて、損得を考えながらやっているケースもあります。我々からみるとかなり悪質ですが、子どもらにしてみればごく軽い遊び感覚でやっていることが多いようです。そういった犯罪に関わってはいけないということを大人たちや、社会が何らかの方法で働きかけていく必要があると思います。

――あまりにも自己中心的なものの考え方や、感覚のズレは大きな問題が潜んでいるように思えます。善悪以前に人を形作る道徳心というのは、幼いころから家庭で育むものだと思うのですが、そうした少年たちの家庭環境で特徴的なものはありますか?

 少年院に入ってくるような子たちの家庭環境ですが、一般的には両親が離婚して、家族の形が変わって愛情が偏ったり、躾が行き届かなかったりして少年が道を外れていくイメージが多いかと思います。現実にはそういったケースが多いのですが、近年は大学生になっても少年院に入って来てしまう子もいますし、その子の親に会うと常識的で、子どもを思う気持ちも十分にあって、というケースに出会うことも多くなってきました。

 こうした近年の傾向から感じることは、少年犯罪は何も特殊な環境の中から起こることではなく、どこの家庭でも起こり得るものなんだということです。

 これは教官として日々子どもたちと接し、その両親と直接会って感じることです。決して別世界のことではないし、他人事ではないということです。

――家庭はしっかりしていて、親の愛情も受けて、善悪をきちんと理解していながらも、それを抑えきれないということですね。

 自分は誰かに支えられているだけではなく、誰かを支えている側でもあること、必要とされている人間なんだということを理解させなければいけないんです。こういった子の場合、周囲とのコミュニケーションが上手く取れていなかったり、何らかのコンプレックスを抱えているケースが多いのです。

 家族の形はしっかりしていても、両親との会話が少なかったり、会話があったとしても、子供側からするとわかってもらえている実感がないといったことがあると思います。

 もちろん全て話せというわけではないんです。でも最低限のコミュニケーションが取れていないと、見守られている安心感が持てません。やはり、家庭は話しやすい環境でなければいけないということです。

――コミュニケーションというキーワードが出てきましたね。

 特殊詐欺で入ってくる子たちの場合は、会社でも学校でも人間関係が上手く築けなかったような子たちでしょうね。もやもやしているところへ、すっと(魔が)忍び寄ってきて、すっと犯罪をして、すっと少年院に入ってきてしまって、それが自分でも信じられない。もちろん親も子どもが起こした事件に驚き、受け入れることができない。こんな言い方をすると軽く聞こえてしまって誤解を招きそうですが、短期間でそうした流れで少年院送致になっているケースが近年多数見受けられます。

 実はこうした子たちには荒れていたときがないんです。でも、人とのコミュニケーションによる問題を長い間抱えていて、もんもんとしながらも、それでも上手くやっていかなければいけないという気持ちで自分を抑えてきたのでしょう。表面上はわからなくても、流されていく土壌には、長い間の積み重ねがあったということです。

――昔の暴走族タイプと近年の特殊詐欺タイプでは、どういった点を重視して指導を行っているのですか?

 暴走族タイプには感受性のある子たちが比較的多いと思います。檄を飛ばしても前向きにとらえてくれるなど心的つながりが築きやすいのですが、感受性の弱い子は不信感ばかりをつのらせてしまって、なかなか前向きには考えてくれませんし、職員との心的なつながりも築きにくいです。

 そういった子たちは親や先生など、とにかく周りにいる人間たちのせいにして、「だから自分はこうなってしまったんだ」と考えて、自分の中でバランスを保っているんでしょう。ですが、本心ではこのままではいけないと思っているものです。それを聞きだすまでの関係作りに時間を掛けています。

あわせて読みたい

「少年犯罪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  4. 4

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  5. 5

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  6. 6

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。