記事

「オバマ広島訪問」はなぜ感動を呼んだのか

2/2

「広島サミット」を望まなかった理由

ここで大きな働きをしたのが、地元メディアである広島テレビだ。

平和記念公園には、世界中から年間1000万羽を超える折鶴が寄せられている。広島テレビは、その折鶴を溶かし、再生した紙に、平和を願う気持ちを込めた「一文字」を書いてもらう「Piece for Peace HIROSHIMA」運動を2012年からおこなっていた。

しかし、反響の大きさから、2014年からは、それを発展させて、今度は平和への思いを「オバマへの手紙」として書いてもらうキャンペーンをつづけていた(※2)

広島県知事、広島市長、被爆者、主婦、子どもたちなど幅広い層からのオバマへの手紙が集まっていく。

今回、オバマ氏と対面した被爆者、坪井直さんの〈あなたには、人類を救う力がある。来訪を切望しています〉というものも含め、そこには、アメリカに対して「謝罪」を求めたり、「恨み」がつづられたものは一通もなかった。被爆者たちの手紙は、ほとんどが「とにかく広島を見てください。そして核廃絶への一歩を共に踏み出しましょう」というものだったのである。

広島テレビ社長の三山(みやま)秀昭氏(69)が、この「オバマへの手紙」と、森重昭さんが発掘した米兵12名に関する英訳記事を携えてホワイトハウスを訪ねたのは、2014年5月のことである。

「広島市民は心から大統領の広島訪問を待っています。謝罪ではなく、広島の地から、核廃絶への祈りを発して欲しいのです」

三山氏は、そのことをホワイトハウスに直接、伝えたのである。読売新聞記者として、ワシントン特派員や政治部長を経験している三山氏は、アメリカの政権中枢に対して直接のルートがあったのである。

「米兵を含む全犠牲者への追悼を」
「広島市民は謝罪を求めていない」

この2つの事実を知ったオバマ氏とその周辺が「広島訪問」をはっきり“意識”し始めるのは、これ以降のことである。

この時、広島側には、2つの戦略があった。1つは、2016年におこなわれる日本でのサミットを「広島」で開催してもらうこと、もう1つは、たとえ広島開催でなくても、サミット終了後、オバマ氏に広島を訪問してもらう、というものだ。

しかし、ここでオバマ大統領の強い意思を広島側は知ることになる。

「私は自分の意思で広島に行く。サミットという場が広島になることは望まない」

これは、日本側にとって大きな驚きだった。サミットの開催都市として、いわば“強制的に”広島を訪れるのではなく、自らの意思で広島に行く――それこそがオバマ氏の願望であることを知るのである。

伊勢志摩でサミットがおこなわれることが決まったのは、2015年6月のことだ。そこから、広島出身の岸田文雄外相や三山氏らの巻き返しが始まる。

エアフォース・ワンで岩国米軍基地に行き、そこからヘリコプターで広島ヘリポートに飛び、さらに車で平和記念公園へ。その移動が時間的に「可能であること」が、広島サイドから米側に伝えられるのである。そして、ついに快挙は実現する。

一般人でありながら、気の遠くなるような時間をかけて米兵の犠牲者を調べあげた森重昭さん。それを「オバマへの手紙」と共にホワイトハウスに持ち込んだ三山氏。広島の人々とマスコミが一体となって、米大統領の核廃絶への“思い”を被爆地・広島から発してもらうという悲願は、こうして達成されるのである。

その陰に、名もなき広島の人々の努力と、人間として最も大切な“赦(ゆる)しの心”があったことを、私は歴史に銘記しておきたいと思う。

※1:スピーチの冒頭は次の通り。「71年前、晴天の朝、空から死が降ってきて世界が変わりました。閃光(せんこう)と炎の壁がこの街を破壊し、人類が自分自身を破壊する手段を手に入れたことを示しました」(毎日新聞より)。
※2:キャンペーンのウェブサイトは次の通り。「みんなで未来を創ろうプロジェクト ーオバマへの手紙ー 世界のリーダーを広島へ!」 http://www.htv.jp/pfp/obama/

あわせて読みたい

「オバマ訪日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  8. 8

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    コロナが変える常識 消える外食

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。