記事

英国のEU離脱に関する国民投票で『小さな恋のメロディ』のふるさと、テムズ川南岸の再開発に暗雲

1/2
英国のEU離脱を巡る国民投票が、いよいよ6月23日に迫っています。

現時点では離脱派と残留派が拮抗しており、この投票の行方は全く混沌としていると言えるでしょう。

離脱派の最大の関心事は英国に流入してくる移民を制限したいという点です。

リンク先を見る

しかしEU離脱には、さまざまな問題が付随して発生します。

英国財務省は、イギリスがEUから離脱した場合の経済シナリオを、下の一覧表のようにまとめています。

リンク先を見る

英国のGDP(今年は+1.9%が予想されている)は-3.6%になるだろうとしています。

リンク先を見る

消費者物価指数は2.3パーセンテージ・ポイント増加し、3.1%になると見込んでいます。

リンク先を見る

現在、5.1%の失業率は1.6パーセンテージ・ポイント上昇し、6.7%になると予想しています。

リンク先を見る

さらに住宅価格は-10%になるだろうと見込んでいます。

これは、かなり厳しい予想です。

さて、このようなアルマゲドン・シナリオを目の前にして、ロンドンの不動産取引は既に不活発になっています。

なかでもバタシー発電所(ピンクフロイドのアルバム、『アニマルズ』のジャケットを飾った、あの建物です)再開発計画ではコンドミニアムの価格が値崩れを起こし始めているそうです。

リンク先を見る

このバタシー発電所再開発計画は、ロンドン最後の巨大再開発プロジェクトだと言われています。

これまでテムズ川南岸のバタシーならびにナインエルムズ地区は、荒地としてロンドン市民から顧みられずに放置されてきました。皆さんは、映画『小さな恋のメロディ』の舞台となる広大な空き地や廃墟を覚えていますか? つまりあの辺のことについて、今、語っているわけです。

リンク先を見る

テムズ川を渡ったすぐ反対側は、お洒落なチェルシー地区が目と鼻の先だというのに、このバタシーならびにナインエルムズ地区が見棄てられてきた理由は、とにかく、交通が不便だったということに尽きます。

ロンドン市はノーザン線を10億ポンドかけて延長、バタシー駅とナインエルムズ駅を新設します。

この年開催発計画にはサイアム・ダービー、マレーシア年金ファンドなどの投資家も関与しており、15年と150億ポンドの費用をかけて、ここを住宅、オフィスビル、レジャー施設として再開発するわけです。面積にして3025坪、1万6千戸の住宅を新設、2万5千人の雇用を創出するという、すごいスケールのプロジェクトです。

またナインエルムズ地区には65億ポンドを投じてアメリカ政府が米国大使館を建設中です。2017年から入居が開始される予定です。さらにオランダ大使館が米国大使館のすぐ隣に建設されることも決まっています。

さて、新しいプロジェクトはエキサイティングかつファッショナブルで、それは僕も嫌いじゃないのだけれど、おもに労働者階級が住んでいたラムベス・ロード界隈の風情が変わってしまうのは残念ですね。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。