記事

本当のICT48

今朝のTLで「ICT48」という文字列を初めて見た。といっても、まだツイッター全体でトレンドワードに上がるところまでは来ていなくて、ぼくがフォローしている人たちのクラスターの中で、言及されていたのだ。

ICT48は、ICT(情報通信技術)分野の女性活躍を支援する「ICT女子プロジェクト」において、「本プロジェクトを一緒に盛り上げる」存在なのだそうだ。そして、今、「募集中」なのだそうだ。

それで、ICT48は、http://ict.telesa.or.jp/ict-joshi.html  によれば、「ICTを用いて活動している女性(自薦他薦を問いません)」で、「2016年7月1日時点で13歳~24歳の方」なのだそうだ。このあたりで、脱力してくるのが、ふつうの感覚というものだろう。

ICT分野において、女性が活躍する(というか、今の時代、LGBTを含めた、すべてのジェンダーの方が活躍する)ことを支援することは、もちろん、一般論としては望ましい。だけど、そこから、「ICT48」に飛ぶ発想の貧困さ、わかっていなさに、絶望と、どちらかというと怒りを覚える。

***48の活動自体は、「アイドル」活動で、それ自体はあっていいと思う。しかし、その文化(そして何よりも女性観)と、ICTというワードで示される、今の社会で起こっているイノベーションの波は、必ずしも一致しない、というか、おそらくかなり違う。

「13歳~24歳の方」という年齢制限をしている点で、すでに見逃し三振、アウト、退場、永久追求処分だ、ということがわかっていない方々が、女性のICT分野での活動をうんぬんされていらっしゃることに、心の底から、寒さを感じる。ぶるぶるぶる。ここは、厳冬のシベリアですか。。。

結局、ICT分野における女性(にかぎらずLGBTを含むすべての方々)の活躍を応援したかったら、日本で偉い方々は口を出さず、規制緩和し、市場の自由化をして、一方で無償の教育、返さなくて良い奨学金を予算化、ご用意いただくのが一番いいと思う。

そして、もし、女性(というか、LGBTを含む、すべてのジェンダーの方々)が実際にICTで活躍する日本社会ができたら、そのトップスターを集めてみればいい。その時一堂に介する、「本当のICT48」は、今回のへなちょこプロジェクトの募集要項が想定している女性像とは全く違うはずだ。


ICT女子プロジェクト | ICTビジネス研究会
ictict.telesa.or.jp

あわせて読みたい

「ICT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。