記事

追加緩和、マイナス金利拡大よりもETF買い増しを=生保協会長

[東京 10日 ロイター] - 生命保険協会の筒井義信会長(日本生命保険社長)は10日の定例会見で、日銀によるマイナス金利のさらなる引き下げは、市場への影響に配慮してほしいと述べた。追加緩和策としては、マイナス金利や国債購入枠の拡大ではなく、ETF(上場投資信託)の買い入れを増やすことが望ましいと語った。

10年最長期国債利回り(長期金利)が同日、一時マイナス0.155%と過去最低を更新したことについて筒井会長は、保険商品と資産運用の両面でさらなる創意工夫を凝らす必要があると述べた。

日銀のマイナス金利政策については「デフレ脱却に向けた強いコミットメントを示すもの」と評価する一方、国債市場の流動性が低くなり、金利のシグナル機能がかなり低下していると懸念を示した。

その結果、社債のクレジットスプレッドが発行体の信用リスクを正常に反映しない事象が起きており、「金融仲介機能の発揮に影響を及ぼしている」と述べた。

(浦中 大我)

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。