記事

米新規失業保険申請件数は26.4万件に減少、労働市場の底堅さ示唆

[ワシントン 9日 ロイター] - 米労働省が発表した新規失業保険申請件数(6月4日までの週)は、季節調整済みで前週比4000件減の26万4000件となった。27万件への増加を見込んでいた市場予想に反し減少した。

5月の雇用統計では雇用者の伸びが急減速したが、労働市場が依然力強いことを示唆した。

新規失業保険申請件数はこれで健全な労働市場の目安とされる30万件の節目を66週連続で下回った。これは1973年以来の長さ。

前週分は従来発表から1000件増えた。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる4週間移動平均は7500件減の26万9500件。

労働省のアナリストは、統計に影響を与える特殊要因はなかったと述べた。メリーランド州だけが推定値だった。

受給総数(5月28日までの週)は7万7000件減の約210万件と、2000年10月以来の低水準を記録した。受給総数の4週平均も1万7500件減って215万件となった。

被保険者の失業率は0.1%ポイント低下の1.5%と、過去最低を記録した。

バークレイズのエコノミスト、ジェシー・ハーウィッツ氏は「企業は人員を削減していないようだ」とし、「向こう数週間に採用活動が活発化し、雇用全体の伸びも持ち直す」と予想する。

RDQエコノミクスの首席エコノミスト、ジョン・ライディング氏は「労働市場の引き締まりという基調的なトレンドは変わっていない。問題は雇用のミスマッチであり、これは雇用市場の引き締まりの兆候だ」と述べた。

*エコノミストのコメントを追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  10. 10

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。