記事

クリントン氏、経済でトランプ氏を攻撃へ=WSJインタビュー

 【ワシントン】クリントン前国務長官は米大統領選挙の民主党候補者選びで指名を確実にした今、共和党の指名が確実とみられているドナルド・トランプ氏の経済的な実績や経済政策を選挙戦の中心に置く計画だ。同氏のアイデアは「ひどく見当違い」であり、「危険なほど支離滅裂だ」と述べている。

 クリントン氏は8日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、近く経済政策演説を行い、トランプ氏の経歴や政策と自身のそれを比較すると述べた。先週行った外交政策演説に倣った形にする予定だ。その演説では、トランプ氏の国際情勢に対する見解を強く、時には痛烈に批判。大統領職には「気質的に向かない」と訴えた。

 トランプ氏はこれに尻込みする様子は見せていない。7日夜には、早ければ13日に「大きな演説」を行い、クリントン氏と夫のビル・クリントン元大統領がいかにして自分たちの資産を増やし、「個人が裕福になる政治」を完成させたかを詳しく説明すると述べた。

トランプ流ポピュリズムとの戦い

 本選挙が実質的に進行するなかでのこうした応酬をみると、今後5カ月にさらに激しい戦いが待っていることは疑いない。両氏は互いに相手が大統領になるべきではないと主張しながら、自党の分裂を修復しようと努めている。

 クリントン氏はインタビューで、中間層の減税を進めることを約束し、これが有権者への主張の「重要な」部分になるだろうと述べた。税率引き下げや控除撤廃による法人税改革を目指す超党派の動きを支持するか否かには言及しなかったが、今後数週間に詳細を示すと言明した。

 インタビューの前日、クリントン氏は女性として初めて主要政党の指名を確実にした。来週はオハイオ、ペンシルベニア両州を訪れる予定だ。両州については、トランプ流の経済的ポピュリズムが労働者階級の白人男性を中心に共感を呼ぶと予想するアナリストもいる。

 クリントン氏は、民主党内の団結も図っていると語った。7日夜には対立候補のバーニー・サンダース上院議員に対し、両陣営を分裂させるよりも結びつける要素のほうが多いことを同議員支持者に引き続き訴えていくと述べた。

 サンダース氏は予備選を通じ、クリントン氏が大手銀行の従業員から献金を受けたり、謝礼を受け取って講演をしていたことに触れ、金融業界との関係について攻撃した。クリントン氏は、金融業界から経済顧問団に人材を迎えるかどうかとの問いに対し、その質問自体が時期尚早だが可能性は排除しないと回答。「機会が訪れれば、いつでも最高の人材を探す。国内の1つの場所に限らず、有益となる経験を積んだ人材は全米中にいると思う」と話した。

政策通カラーに自信

 予想のつかない異例づくしの選挙戦で型破りな敵と直面しているクリントン氏は、対象を絞った減税やわかりにくい条項が詰まった経済政策の説明に努める必要がありそうだと述べた。一方で、有権者は自身が得意とするような政策の細部に耳を傾ける用意があるとも語り、トランプ氏が繰り返す「偉大な米国を取り戻す」という単純なフレーズより、自身の政策通カラーが有権者には選ばれるはずだと自信をのぞかせた。

 側近によると、クリントン氏は月内に経済政策演説を行う予定だ。ただ同氏は8日、演説の内容を予告するかのように、トランプ氏の大型減税計画や貿易に対する姿勢、米国がデフォルト(債務不履行)を選択するかもしれないと示唆した発言などに言及。「トランプ氏の大統領就任がどのように深刻な世界経済危機につながるのか予想に難くない」と語った。

 トランプ氏の広報担当者はコメント要請に応じなかった。

 クリントン氏は「トランプ氏には受けのいいスローガンがいくつかあるかもしれないが、経済に関する発言は危険なほどに支離滅裂だ。ひどく見当違いであり、米国経済の運営には気質的に向かないことを反映している」と述べた。

By LAURA MECKLER

あわせて読みたい

「ヒラリー・クリントン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  5. 5

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  6. 6

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  9. 9

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  10. 10

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。