記事

クロームOS、真剣にとらえるべき理由

筆者は働き始めてからはおおむね自宅ではアップルのパソコン「Mac(マック)」を使い、職場では「ウィンドウズ」搭載のパソコンを使用してきた。しかし数年前、コンピューティングの潮流がデスクトップからクラウドへと変わったことを受け、グーグルの基本ソフト(OS)「Chrome(クローム)」を搭載したノートパソコン「Chromebook(クロームブック)」を試してみることにした。

 意外にも今では、モバイル以外の全ての作業にクロームOSを使用している。クロームOSは使い勝手や性能が継続的に改良されており、そのおかげで以前にも増してこれこそがコンピューティングの未来だと筆者は考えるようになった。

 そう思う人は増えているようだ。クローム端末の販売台数は1-3月期、初めてマックの販売台数を上回った。

 調査会社IDCの調査部門責任者リン・フアン氏によると、クローム端末は、米国のパソコン販売台数のわずか10%、世界全体では2.5%を占めるにすぎない。しかし、IDCは、クローム端末の販売台数の伸び率は今年30%近くに達し、パソコン市場全体の伸び率を大幅に上回るとみている。

 筆者もその見方に賛成だ。理由は、コンピューターで達成する必要のあることのほとんどに関して、クロームの方がうまくこなせるからだ。

 クラウドに依存したクロームを搭載した端末は、基本的にウェブブラウザーを主として実行するマシンだ。そのため、他のデスクトップパソコンのOSではできないが、モバイルOSでは当たり前とみなされていることができる。

 クロームは比較的性能の低いハードウエアでも処理が高速だ。そのため、それなりのクロームブックでも300ドルもしないことがある。モバイルOS同様、アップデートを自動的に実行してくれる。しかし、筆者が使用したことのある他のどのOSとも異なり、アップデートはユーザーの目には見えず、回避することもできず、バックグランドのみで実行され、しかもその間に他の処理が遅くなることもない。

 クロームの製品管理責任者ラジェン・シェス氏は、全て意図的にそのようにしているとし、「ユーザーの共感を呼ぶのはシンプルさ、安全性、共有性、スピードだ」と指摘する。

次の課題

 クロームブックは米国の教育市場では大きな成功を収めている。学校向けの販売台数では他の全デバイスを合わせた台数をも上回り、タブレット端末「iPad(アイパッド)」で教育市場に攻勢をかけるアップルを寄せ付けない。

 次の課題は、学校や筆者のような趣味で使用するユーザーだけでなく、ビジネスの世界にも普及させることだ。ビジネス市場は長年、マイクロソフトのウィンドウズOSが支配している。 

 シェス氏は、クロームブックはビジネス市場でも受け入れられるとみており、その理由の1つに管理のしやすさを挙げる。グーグルは2011年にクロームの提供を開始して以来、多くを学んだようだ。同社は当時、ウィンドウズを使用するビジネスユーザーの75%はクロームに切り替える可能性があると述べていた。

 得た教訓の1つは、ビジネス市場に食い込むには、サプライヤーを選んだり、または選ぶ手助けをする立場にある企業の情報技術(IT)担当者を満足させる必要があるということだ。

 グーグルは2014年後半、「Chromebooks for Work(クロームブックス・フォー・ワーク)」を発売した。これは、VPN(仮想プライベートネットワーク)やシングルサインオン、デジタル証明書などのセキュリティー措置をはじめ、IT管理者にとって重要な機能を提供する端末だ。価格は1台あたり年額50ドルで、これはグーグルにとって新たな収益源となっている。

 一方で、デルやHP、エイサーなどのクロームブックのメーカーが、より高性能で高価格の端末を企業向けに展開している。それら新型のノートパソコンは画面が大きく、ディスプレーやキーボード、トラックパッドの品質が高く、タブをたくさん開いたままでも処理が高速で、本体には炭素繊維やアルミニウム素材が使用されている。

 グーグルは最近になってようやく、10月までにクロームブックでアンドロイド向けアプリ200万種ほぼ全てが実行できるようになると発表した。クロームブックはこれまでネット接続できなければ機能性が限られるとみなされていたが、そうなれば有用性が劇的に増す。既存のクロームブックもオフラインで問題なく機能するものの、使えるのはグーグルのアプリだけだ。マイクロソフトの業務用ソフト「Office(オフィス)」のアンドロイド版などが使用できるようになれば、そうしたソフトに依存するユーザーにとって影響は大きいだろう。

 フアン氏は「米大手企業にもクロームへの関心の高さが見受けられる」と話す。IDCは、2018年までには世界企業番付「フォーチュン500」にランクインする企業の25%がクロームブックを社員に提供するようになると予測している。

 とはいえ、フアン氏はクロームがビジネス市場で直面している課題はかなりあると指摘する。最大の問題の1つは単純な「惰性」だ。ウィンドウズが長年支配していたため、多くの企業にはウィンドウズ上でしか実行できない古いアプリケーションがたくさんある。グーグルは現在、その解決策として、それらアプリケーションをウィンドウズサーバーで実行し、そこにクロームブックを遠隔接続させている。つまり、基本的に旧来のアプリケーションをクラウドに置いている。

 長期的にクロームブックは、コンピューティングの歴史上の一時的な流行に終わる可能性もあれば、企業におけるウィンドウズの支配をいずれ終わらせることになる可能性もある。筆者はクロームがその中間的な地位に落ち着くと予想している。つまり、モバイルやデスクトップOSをはじめ、絶えず増え続けるわれわれが使用する多種多様なテクノロジーの一部という位置づけだ。

 しかし、クロームがグーグルにとって、まだ誰にも予期し得ないはるかに大きなビジネスになるとも筆者はみている。そして、これまでは自分たちの牙城へのグーグルの進出に無関心または守勢を取っていたアップルやマイクロソフトも注目するようになるはずだ。

By CHRISTOPHER MIMS

あわせて読みたい

「Chrome」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。