記事

ドル弱含み、FRB議長は利上げ時期言及せず=NY市場

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが総じて弱含んだ。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が6日の講演で、利上げ時期について手掛かりを示さなかったことが影響した。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は、一時約4週間ぶりの安値に沈んだ。

先週末の低調な5月米雇用統計を受けて注目されていたイエレン議長の講演は、全般的には楽観的なトーンだったが、利上げのタイミングに触れる発言が見当たらなくなった。イエレン氏は5月27日、経済と労働市場が一段と上向けば数カ月中の利上げが適切になる可能性があると語っていた。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は議長講演について「雇用統計の数字からすれば、わたしが想定していたよりはおおむね明るかった。ただ時間軸を語るのをやめた事実からは、(利上げ時期として)6月はなくなったことがうかがえると思う」と述べた。

その上で「7月の可能性はまだ残っているが、そのためには今後の指標が5月雇用統計は例外で、雇用伸び鈍化は必ずしもトレンドではないと裏付ける必要が出てくる」と指摘した。

ドル指数はイエレン氏の講演中に0.2%安の93.745と5月11日以来の安値を付ける場面があった。終盤は0.04%安の93.995。

テンパスの市場ディレクター、ジョン・ドイル氏は「市場参加者の一部はイエレン議長はタカ派的姿勢を維持すると考えていたかもしれないが、現実問題としてどんな言い方ができたというのだろう。さらにFRBは指標次第と表明している以上、(5月雇用統計のような)指標があってなおかつ2週間後の利上げを予想するのは不可能だ」と話した。

フェデラルファンド(FF)先物は、14─15日の連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ確率をほぼゼロと見込む水準となっている。

ポンド/ドル<GBP=>は、アジア時間に5月16日以来となる1.4352ドルまで下落。23日の英国民投票を前に、欧州連合(EU)離脱支持派が優勢といういくつかの世論調査結果が伝えられたことが材料視された。ニューヨーク市場の終盤は0.4%安の1.4456ドルだった。

ドル/円 NY終値 107.55/107.57

始値 107.14

高値 107.65

安値 106.86

ユーロ/ドル NY終値 1.1351/1.1358

始値 1.1333

高値 1.1392

安値 1.1327

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。