記事

子どもの長所を1つも言えなくなった親の特徴3

エッセイスト、教育・子育てアドバイザー 鳥居りんこ=文

「自分には長所がある」と思う子の率は「世界最低」

2014年に内閣府が発表した「子ども・若者白書」(*)は教育関係者を中心とした「おとな」に衝撃を与えるものだったが、2年経ったからと言って、その数値が爆発的に好転したということには恐らくなってはいないだろう。

(*2013年11~12月に、日・米・韓・英・独・仏・スウェーデンの各国で13歳から29歳までの男女約1000人にネット調査を実施。日本が圧倒的最下位だったのは「自分自身に満足している」「自分には長所がある」「将来への希望」「40歳になったとき幸せになっているか」などの項目。逆に、圧倒的最高位だったのは「つまらない・やる気が出ないと感じたこと」「悲しいと感じた」「ゆううつだと感じた」といった調査結果)

リンク先を見る

私はこの子どもたちが感じる息苦しさは、同時にこの子どもたちの親世代が感じている不安感の現れがダイレクトに子どもたちにぶつけられた結果だと感じている。

今は子育てがものすごくしづらい時代なのだ。(私は個人的には「少子化担当大臣に無責任に投書する人」になりたいと思っている。いいアイデア、持ってまっせ?! http://to-rinko-houmonki.blogspot.jp/2015/10/blog-post_99.html ←筆者の少子化対策)

しかし「子育てがしづらいから」がすべての免罪符になっていてもいけない。

どうにか、子どもたちの自己肯定感を上げて、彼らが40歳になったときには高額納税者となって幸せを感じながら、その頃、老人となる私たちを支えてくださらないと困るのだ。

今日は「自分には長所がある」の項目が68.9%(他国93.1~75.0%)で最下位になってしまったわが国の子育て事情について考えてみたい。

これは個々の子どもの特性というよりも多分にその親がわが子の長所を語れなかったからだと思っている。聞かされて育っていないから、わからないのも無理はない。

では、どういうタイプの親が「語れない」ということになるのか事例を出してみよう。

自分の子の短所しか言えない親の特徴3

1.子育てのプレッシャーを必要以上に感じてしまう親

 今、私の姪が赤ちゃんの子育てに追われているが、わが子が眠っているだけなのに「息をしているか」が心配でベビーベッドを覗き込む日々らしい。

以前、育児雑誌の編集者と話をしていて「今のお母さんは『熱っぽいなと思ったら、医者に連れて行きましょう』という表現ではダメで『37度3分を超えたら医者に連れて行きましょう』というような具体的指摘が要るんです」ということを言われたことがある。

両方の気持ちがわかる。

私自身が子どもふたりを授かり、孤軍奮闘の中、日々「死なさない」というだけで必死だったのだ。

子どもが少し大きくなると、このミッションに加え「ちゃんとした子」にしなければならないというプレッシャーできつかった。

外出先で騒いで他人様から母である私が白い目で見られないか?
ちゃんと挨拶ができる子にしなければ、母である私がそしりを受けるのではないか?

もちろん、わが子のための当然の躾の部分も入っているのだが、いつも顔の見えない誰かの圧力を感じることが多く「母である私がきちんとしないと!」という漠然とした怯えがあったように思うのだ。

そのうちに子どもは学齢期に達する。

学校というところの評価は(これは面白いことに介護の認定調査でも全く同じであるが)できるか、できないかという2択になることが多く、できないことは「悪」であると断じられ、多くの場合、母が叱責を受ける。

「九九がわかっていませんね(ご自宅でどうにかしてください)」
「忘れ物が多いですね(お母さまが気にして下さいね)」

大抵の母はその叱責を回避しようと子どもをドンドン追い詰める。

日本は成人した子の不祥事までもを親の責任と追及する空気があるが、子どもが誕生してから、少なくとも成人するまでは「わが子のできる・できない」が「親の通信簿」となって跳ね返ってきやすい。

「できない」ことに囚われすぎて「できる」ことは「当たり前」で処理しがちになるのだ。

私がわが子の思春期の子育てに悩んでいた頃、同じように悩んでいた友人にこう言われたことがある。

「子どもに人さまに迷惑をかけてはいけない! って口を酸っぱくして言ってきた。(成績不振で)先生に(親が)呼び出され『先生にまでご迷惑をおかけして嬉しいのか?』とも言った。でもね、思ったんだよね。人間ってさ、絶対、日々、誰かに迷惑かけながら生きてるじゃない? だったらさ『もう迷惑かけてもいいよ、迷惑をかけてでも(自由に)生きろ』って言ったら、今まで何をしても無気力だった息子に意欲が湧いてきたんだよね」

私たち親はいつもいつも「できる」を目指していったい、誰の評価が何のために欲しいのだろう。

愛するわが子をディスる「毒親」の共通点

2.積み木を壊すことを「悪」と捉える親

私は時々、ヨガ教室に通っているが、そのヨガの先生が口にした言葉にこういうものがある。

<子どもが積み木をドンドン高く積んでいく。親は傍らで「スゴイ! スゴイ!」と応援している。ある高さまで行くと、子どもはそれを躊躇なく崩してしまった。この時、親が「あ~あ(せっかく積み上げたのに、もったいない)」という反応をしたら、どうだろう? 子どもは「積み上げることが正義」で「壊すことは悪」と学ぶだろう>

思考のこう着度が強ければ強いほど、わが子の長所は目に入らない。親から見て短所に思える部分も別の角度から見たら長所になるというたとえ話だ。

3.常にジャッジを下す癖のある親

「○○すべき」という思想に囚われている親は子どもの長所に気付きにくいが、論理的、批判的親もまた罠にはまりやすい。これはわが子への「批判」と「否定」を招くからだ。

干支2巡目(13歳以上)の子育ての突入したならば、わが子へのジャッジは不要である。

親がやるべきはただただ「うん、うん」とYESともNOとも言わずにわが子の話に耳を傾けることだけだ。なぜなら、あなたはもうわが子の干支1巡目までに人生で必要なジャッジはすべてしてきたはずである。

後は、わが子の良さをどう引き伸ばしていけばいいのかに全力を注ぐべきで、そのためにはあなたのジャッジはとりあえず棚上げにしなければ、あなたの大切な子どもは自分で自分のことも考えられない、長所がないとつぶやく大人になってしまうだろう。

「たとえ~だとしても」ウチの子は素晴らしい

以上、代表的な3点を挙げてみたが、最後に思春期の子育てで迷子になっている親御さんにこの話をして、このコラムを〆たい。

私の息子が15歳の頃(現26歳)、私はとても悩んでいた。親とは会話をしない、成績不振、ゲームにのめり込む、交友関係不明、エトセトラ。息子の長所なんてひとつも思い浮かばなかったのだ。

丁度、その頃、息子が通っていた高校でサマースクールがあったので、大枚はたいて3週間のカナダホームステイに放り出した。息子と一緒にいると、上記1~3で息子を潰してしまいそうだったから、私自身が逃げたかったのだ。

しかし、当時、子どもが親と別人格という意識に乏しかった私は息子を手放す心配で発狂しそうだった。それで、ホストマザーに手紙を書いたのだ。

「躾がなってなくて申し訳ない。英語も得意とは言えない。人参も食べないことが多い。にこやかに挨拶もしないかも。問いかけにも反応薄いかも。YES.NOも言えないかも。ああ、心配だ! 心配だ! 心配だーーー!!!」

ホストマザーからの返信にはこうあった。

「あなたはとても良い子を育てた。たこ太(息子の名まえ)はとても良いファミリーを持っていて最高だ。こんな素敵な子と過ごせてすごい喜びだ。例え、人参を食べまいとね」

息子と同時に母である私を褒めてくれたのだ。そして最後にこうあった。

「You have a very special son and must be very proud him, even if he won't eat a carrot.」
(あなたはとっても素晴らしい子を持って誇りに思うべきね、例え、人参が食べれなくてもね)

「even if」(たとえ~だとしても)

この言葉を繰り返し、私はどれだけ救われたことだろう。

迷子になっている母、あなたの子どもは素晴らしい。たとえ「even if」があったとしても。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。