記事

通常国会を終えて

6月1日、通常国会が閉会となりました。

まず京都3区を中心に、全国各地から総支部活動をお支えくださり、ご意見ご提言、情報などをいただいておりますことに心から感謝申し上げます。

そして何より4月の衆議院京都3区補欠選挙におきまして多大なご支援を頂き6万5051票で勝利させていただくことができました。

あなた様のご支援で、私は国会で働かせていただくことが出来ます。これからも国のため、地元のため、誠心誠意、職務に邁進してまいります。

国会議員の仕事は「国家の建設と改革」。

その観点で言えば、私は今、特に「国会議員の国民感覚」と「野党の力量」が問われていると思います。

総理による「夫の月収が50万、パートの月収は25万」との答弁や、ALS障がい者の参考人発言が厚生労働委員会で断られたことなどは、国民感覚の無さの象徴です。

また法案でも当事者の視点が欠落していることがあります。

国会議員は今こそ国民感覚をしっかり持たねばなりません。

「野党の力量」はどうでしょう?確かに安倍政権の強引さは目に余ります。

「批判」も大事です。しかし批判ばかりでは民進党自身の良さは伝わらない。支持率も上がりません。

今後、民進党が信頼と期待を集め、国家を担う対抗政党に成長するよう私は行動します。

・経済では、トリクルダウンではなく、庶民生活の底上げを目指す。
・電力では、省エネと新エネを促進し、原発依存を低減させる。
・防衛では、自国防衛体制は充実させ、海外での武力行使はしない。
・地方では、都市集中から地方主権、地方定職・定住に変える。
・予算では、子育て、教育のさらなる予算を確保する。
・情報では、特定秘密やTPP交渉などの情報公開を促進する。

民進党の政策の方向性は、このようなものです。これらをもっと丁寧に重点的に訴え、政策を前進させ、国民にその成果をお伝えし、今まで以上に活動してまいります。

諸活動への皆様のご協力を心からお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。