記事

カンニング竹山のツイートは、まっすぐに最も重要な事を伝えている

1/2
 お笑い芸人のカンニング竹山氏(以下、敬称略)が、福島第一原子力発電所の視察を行ったと自らのツイッターアカウントで報告を行った。(*1)

 そして多くの反原発と思わしき人たちから「東電に金をもらって安全アピールをしている」とか「裏に隠されている事実を無視している」とか「0.01とは何の数字だ!」といった中傷と思しきリプライを送りつけられている。

 カンニング竹山は、震災以降、幾度と無くプライベートで福島を訪れては、観光地を回ったり、食事をしたりと、福島の現状をツイートしてきた。その活動が反原発の癇に障ったのだろう、事あるごとに「御用」扱いされ、中傷の的にされてきた。

 そうした反原発が福島の現状をポジティブに伝える人を御用扱いする理由は、もはや明確である。恐怖を煽り、人々の支持を得ようとして描き出した「人々が鼻血を出しながら、バタバタと死んでいくフクシマ」という青写真が全く実現せず反原発に恥をかかせた。自分たちの「正しい忠告」を無視して、放射能地獄であるはずの福島に残った人たちが元気にやっているのが許せない。

 そんな他人の不幸を糧にしなければ反原発の1つも主張できない連中が、ただ有名人が福島の現状を伝えただけで、頭から湯気を吹き出して怒っている。彼らの抱えるリスクは放射線よりも、怒りのあまりの脳卒中の方が高いだろう。とても心配だ。

 中には「相方が白血病で亡くなったのに酷いやつだ!」などと送りつけている人までいる。

 カンニング竹山のかつての相方である中島氏が白血病で亡くなったのは2006年。原発事故とは全く関係がないことは言うまでもない。他人の死を利用してまで、カンニング竹山に誹謗中傷の言葉を投げつける反原発の行動は、極めて卑劣であると言えよう。

 中でも「プライベートの視察なんてありえない。金をもらってやっているのだろう」と思っている人は多い。しかし、僕はこの視察に金が出ているとはまったく思っていない。なぜなら、僕自身も福島第一原発に視察に行っており、お金どころかアゴアシも出なかったからである。

 僕が行ったのは今年2月の上旬だった。

 原発事故の社会的影響などを調べ、『「フクシマ」論』など、数多くの著作を送り出している社会学者の開沼博さんに誘われる形で、視察に同行させてもらった。常磐線でいわき駅まで行き、そこからタクシーでJビレッジまでと帰りの往復は自腹であった。

 Jビレッジから福島第一原発へは、立ち入り制限区域や東電の敷地を通るので、東電側が用意した送迎バスを利用する。貴重品などの荷物はJビレッジに置き、メモのためのノートや筆記具などの最小限のものだけを持って移動する。ここではまだ普段着のままである。

 2015年5月から運用が開始されている大型休憩所に入り、いろいろと説明を受けたり、内部被曝量の検査を受けたりして、その後、食事をとる。食事はメニューが4種類あり、一律380円で提供されている。この食事も自腹である。そして、何より東電側から執筆なり宣伝の依頼なんていうこともなかった。カンニング竹山の「プライベートで視察」というのは実に正しい言葉である。

 さて、カンニング竹山のツイートを最初にちらっとだけ見たときに僕はこう思った。「ああ、バスから降りない形での視察だったのか」と。

 なぜなら、僕が行った時は防護服なしで外に出られるエリアは、大型休憩所周辺と、5・6号路側だけであり、敷地の大半は防護服着用。その上で、防じんマスクのみで良いエリア、半面マスクのエリア、全面マスクのエリアと分かれている。そんな状況だったからだ。

 まずは構内用の靴下を履き、自分の上着の胸ポケットなり、ポケット付きのベストなりに積算線量計を入れる。その上に防護服を着用する。防護服は不織布製で、放射性物質の衣類への付着を防ぐ役割だ。次に靴下をもう1枚、防護服の裾を入れ込む形で履く。次に半面マスク。決して息苦しくないが、慣れないうちはゴムの臭いが鼻につく。そして手袋。防護服の袖を入れ込む形で1枚して、その上をテープでぐるぐる巻きにする。そしてもう1枚。裾や袖から放射性物質が入り込まないように、徹底的にガードをする。目には自前のメガネかゴーグル。外に露出している部分は顔の半分だけである。僕は単なる視察だからいいが、この装備で作業する作業員たちの苦労は、想像に難くないものであった。

 2月初旬当時では、ここまでしてはじめて原子力建屋直近以外の大半の場所に降りることができたのである。

 ところが6月上旬の今では、カンニング竹山は防護服も着ていなければ、マスクすらしていない。最初にこの話を聞いた時に「バスから降りない形だったのかな?」と思ったが、写真を見たらバスから降りている。線量計を入れるベストを除けば、普通の工事現場などでの格好となにも変わりはない。

 線量が低い場所を回ったのかとおもいきや、同行した共同通信の記者が書いた記事(*2)には「1~4号機を見渡せる高台でバスを降りた」とある。この場所は、僕が視察した時には、建屋のすぐ側を除けばもっとも線量が高く、防護服を着ていてもあまり長居をしたくないと、案内してくれた方がおっしゃっていた場所だった。防護服もマスクも無しでその場所に降りられるということは、それだけ放射性物質への対策が進んだということである。

 反原発の中傷には「そんなに線量が低いはずがないだろう!嘘をつくな!」というものもあった。彼らがいかにニュースや東電側のリリースを見ずに、ネットや身内の情報だけで知った気になっているかという証拠でもある。

 福島第一原発では、構内の表土剥ぎとりと、モルタル吹付けを急いでいた。多くの放射性物質を含む表土をなくし、その上からモルタルを吹き付けることで、地中に残った放射性物質から発せられる放射線がモルタルで遮られると共に、また風雨による放射性物質の飛散や地下への染みこみを防ぐことができる。僕が行った時にはまだ土と砂利がたくさん残されていたが、記事に掲載された写真の下の方を見ると、地表のほとんどが灰色のモルタルになっていることが分かる。

 もちろん、モルタル吹き付けでの放射線量削減は、あくまでも福島第一原発という管理された場所でのみ行うことができることである。原発構内の放射線量が低いからといって、周辺の立ち入り制限区域の放射線量が下がったということではない。また、当然立ち入り制限区域の全ての地面にモルタルを吹き付けることが現実的ではないことは言うまでもない。あくまでも限られた範囲での処置である。

 では、なぜそんなことをする必要があるのか。東電が安全をアピールしたいから、無理やり構内の線量を下げているのだろうか。

 いや、そうではない。防護服などを着こまなくても作業をできる環境が、今後何十年にもわたって続くであろう、事故を起こした原発の廃炉という作業において、極めて重要であるから線量を下げたのである。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  3. 3

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  5. 5

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  6. 6

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  7. 7

    現金給付の所得制限示唆に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ロックダウン=都市封鎖は誤訳?

    かさこ

  10. 10

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。