記事

ゴールドマン・サックスが教えを請うた「世界一のラグビー監督」熱血指導法 - 特別対談 エディー・ジョーンズ×持田昌典

1/2
エディー・ジョーンズ ラグビーイングランド代表HC×持田昌典 ゴールドマン・サックス日本法人社長

画像を見る

ラグビーとビジネスの共通点

――2016年1月からエディー・ジョーンズ氏をゴールドマン・サックス日本法人のアドバイザリーボードに迎えられたとのことですが。

【持田昌典氏(以下、持田)】2015年の秋に、アジア地域の幹部が集まる会議で講演をお願いしたことがきっかけです。リーダーシップや人材育成など貴重なお話をいただきました。大変僭越ながら、お考えが私と似ている、と感じたのです。ぜひ社員にも話を聞いてもらいたいと思い、アドバイザリーボードへの就任をお願いしました。

【エディー・ジョーンズ氏(以下、エディー)】分野は違いますが、共通点は多々あります。ゴールドマン・サックスは、競争相手と戦いながらパフォーマンスを上げなければならない会社です。ラグビーも同じ。すべてはどれだけのパフォーマンスを出せるかにかかっています。そして、そのプロセスも同様です。複数の人間が同じ考えのもと行動し、パフォーマンスを上げてもらわなくてはなりません。

――チーム、組織がパフォーマンスを高める、つまり結果を出すために、一番大切なものはなんだと思いますか?

【エディー】なんといっても準備です。私の属しているスポーツの世界では、身体面での準備は不可欠ですが、メンタル面の準備も重要です。勝つためには、まず自分自身をよく知らなければいけないし、相手はどういう存在かも知らなければなりません。また、自分が置かれている環境についてもよく知らなければいけない。これらすべてについて準備を整えるということです。これはビジネスも同じだと思います。

【持田】同感です。やはり準備が一番大切だと思いますね。我々の世界でいうと、例えば財務省が日本郵政グループのIPO(新規公開株)のグローバルコーディネーターを選定する、となれば、プレゼンテーションだけでなく、あらゆる角度から入念な準備をします。我々の準備にかける執念は、すごいものがあると自負しています。

――メンバーに対し、具体的にどのような準備をさせるのですか?

【持田】組織によって目指すところは違いますが、我々の会社でいえば、「勝つことの重要性」をメンバーにいかに浸透させるかにかかっています。といっても、ただ勝てばいいわけではなく、「勝つということは、お客様に貢献してお客様が我々を評価することである」といった目的を明確にし、チームでしっかりと共有することが大切です。

【エディー】持田さんがおっしゃる通りです。チーム、組織を動かし、結果を出すためには、目的が明確であることが大切です。我々はこれからなにをしようとしているのか、どうやってやろうとしているのか、どんな形で勝ちにいこうとしているのかを全員に理解させる。その中で、チームメンバーがそれぞれ、どんな役割を果たすのかを理解させることが非常に重要です。そして、これらを行うのがリーダーの役割なのです。

勝って日本のラグビーの歴史を変えよう

【持田】ラグビー日本代表チームのW杯での躍進は「勝ち方を知る」リーダーの力が大きかったのではないでしょうか。

画像を見る
エディー・ジョーンズ ラグビーイングランド代表HC

【エディー】確かに「勝つ」ことは、日本代表チームにとって、特別なことでした。ワールドカップで勝ったことは1991年以来一度もなかった上に、初戦の相手は世界ランキング三位の南アフリカでしたから。人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っているものです。なにか特別なことに関わることは、自分が変われるということだからです。「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が持つ能力の限界を超えた力を引き出す大きな動機づけとなったのです。

【持田】とはいえ「絶対負ける」と思い込んでいるチームを勝たせるというのは並大抵のことではありません。私は慶應大学時代、ラグビー部の副将をやっていました。その頃は早稲田大学のラグビー部が強くて、在学時代は早稲田に一度も勝てませんでした。ですが、大学4年の試合で、一度だけ早稲田に勝ちそうになったことがありました。しかし、ラスト5分、最後の最後に逆転されて負けてしまった。やはり「勝つ」ことを信じられなかったのです。

【エディー】それはやはり負け癖がついていたのです。試合終盤、勝利目前という場面でも、負け癖がついていると「ミスをするかも」といった考えが頭に浮かび、それが体を硬くさせてしまい、ミスにつながってしまうのです。南アフリカ戦の直後、主将のリーチ マイケルが「最後の七分はまるで練習のようだったよ」と言っていました。この言葉は、これまで私が選手から聞いた中で一番嬉しい言葉でした。我々は最後の七分で勝つためのトレーニングを繰り返しやってきたからです。

【持田】やはり、「勝つ準備」ができていたんですね。ただ、私は大学最後の試合で、負けてよかったと今では思っています。あのとき勝っていたら、今の自分はなかったからです。卒業後は第一勧業銀行に就職し、英語を猛勉強し、米ペンシルバニア大学ウォートン校のビジネススクールにも行きましたが、常に「一番になりたい」という気持ちが強くありました。そこで、ゴールドマン・サックスを日本で一番にしよう、と思い、ここまでやってきました。

誰もが持つ“悪魔=自分の限界”を引き出す

――選手の起用に関しては、どういった面を重視されていますか?

【エディー】飛びぬけたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、つらい練習も耐えられるかどうかを重視します。別な言い方をすれば、成功することに強烈な飢餓感を持っている人。ハングリーな人ですね。

画像を見る
持田昌典 ゴールドマン・サックス日本法人社長

「人間は誰しもどこかに悪魔を抱えている」などと言いますが、人によってはその“悪魔”がすぐに出てくる場合もあるし、ずっと奥の方にいて一生懸命引っ張り出さないと出てこない場合もあります。

――“悪魔”というのは、なにか自分の限界を超えるとてつもない力のことですね。

【エディー】その通りです。それは誰もが持っているものです。しかし、快適な人生を送っていると、“悪魔”はなかなか出てきません。それを引き出すほうも大変ですし、引き出されるほうも痛みを伴います。恵まれた環境にあった日本人選手たちに対して、私は敢えて厳しい環境をつくりました。肉体的にも厳しいトレーニングを強制し、精神的にもかなり追い詰めることで、その“悪魔”を引き出そうとしたのです。

【持田】エディーさんは、そうしたハングリーさを持った人を見出すことが得意な方ですし、実際にそういう人からすごい力を引き出しますよね。日本代表の試合を見ていて、アマナキ・レレイ・マフィ選手はすごいものを持っている気がしました。彼などは逆境にあったのではないかと感じたのですが。

【エディー】おっしゃる通り。マフィ選手は兄弟が15人いて、生活がとても苦しかったと聞いています。こうした選手は、こちらが何かを与えると、特別なものを返してくれます。とても信頼できるプレーヤーですよ。

【持田】私も新卒採用の際は同じような部分を見ています。苦労をしているというのはもちろん、社会や国際経済に貢献したいとか、理由はなんでもいいのですが、入社時からしっかりと働く決意がある人はやはり長続きします。なかなか見分けるのは難しいものですが。

――エディーさんも持田社長もリーダーシップを発揮し、チーム、組織を成功に導き、結果を出し続けていらっしゃいます。その意味では、“悪魔”というか、どこかハングリーな部分をお持ちなのではないかと思います。ご自身ではどう思われますか。

【持田】それはもう、間違いなくあります。僕は高校1年のときに母を亡くしています。比較的裕福な家だったのですが、大学2年のときに父の会社が倒産しました。慶應の付属小学校である幼稚舎出身で大学まで慶応に行きましたが、恵まれた環境にある同級生たちとは常に違うと感じていました。

【エディー】子ども時代は比較的恵まれた環境にいましたが、私は常にほかの子とは違っていたと思います。というのも、私はオーストラリア人と日系アメリカ人の間の子どもでしたし、体もオーストラリアの選手たちに比べて小さかったからです。スポーツで自分が成功するためには、ほかの人以上にがんばらなくてはいけませんし、よりハードに練習して準備をしなくてはならかった。そこで、どうしたら弱点を克服することができるか、困難を乗り越えられるかを考えるようになり、その道を見出すことができるようになりました。

あわせて読みたい

「マネジメント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。