記事

男子に続け! 女子15人制ラグビーも“新しい歴史を創るゾ”

松瀬 学=文 齋藤龍太郎=撮影

「3重苦」の強化体制からの挑戦

女だてらにラグビーなんて。確かに昔はそう、言われていた。でも時代は変わった。女子ラグビーの7人制(セブンズ)日本代表『サクラセブンズ』はリオデジャネイロ五輪に出場するし、15人制日本代表『サクラ・フィフティーン』はこのほど、香港代表に快勝し、アジア・チャンピオンの座に就いた。

その試合、東京・秩父宮ラグビー場には3037人(公式発表)の観客が詰めかけた。女子ラグビーには女子ラグビーならではの面白さがある。スクラムだってちゃんと押し合うし、ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)だって結構、はげしい。

画像を見る

サクラ・フィフティーンは、17歳の女子高校生から、38歳のOLまで、幅広い世代の選手で構成されていた。チーム最年長の38歳、フランカーの乾あゆみ(兵庫県ラグビースクールレディース)はこう、「多様性の妙味」をアピールするのである。

「生まれも育ちも、世代も違う、みんなが集まって、チームをつくっていくというのが感動なんです」

日本女子ラグビーの歴史を紐解けば、1983年、東京の多摩川河川敷のグランドで国内初の女子ラグビー講習会がひらかれた。88年、日本女子ラグビー連盟が発足した。女子ラグビーにとっての転機は2009年、セブンズがリオ五輪の正式種目になったことである。日本協会が女子セブンズの強化にも乗り出し、環境は革命的に改善された。

昨年度末の日本協会登録のラグビー人口はざっと10万人弱で、女子のそれは前年度より199人増えて、3572人となった。

ただ、強化において、15人制の女子ラグビーは取り残されてきた。男女の7人制、15人制の4つの中で一番、普及・強化が難しいのが、この15人制女子ラグビーであろう。はっきり言って、人材は苦しく、カネもなく、競技環境も乏しい、3重苦なのだ。

サクラ・フィフティーンの強化合宿にしても、今回は香港戦前の1週間ほど開催できたが、通常は、3泊4日のミニ合宿を年に3、4回する程度である。サクラセブンズが年に200日ぐらいやっているのと比べると、雲泥の差である。

15人制でもW杯で新しい歴史を

女子選手たちはおおむね、7人制ラグビーと15人制ラグビーの両方をやっている。ただ五輪競技入りで、7人制ラグビーにウエイトを置く選手が増えてきている。日本協会によると、女子の7人制のチームは全国に20チームほどに増えたのに対し、15人制のチームは4、5チームに過ぎないという。

では、15人制の女子ラグビーの普及・発展のため、どうすればいいのか。7人制と同様、若年層相手の「エリート・アカデミー」の実施も効果的だろうが、15人制日本代表の有水剛志ヘッドコーチ(HC)は「結果を残すのが一番です」と言い切る。

「勝って、結果を出すことです。15人制の男子も、昨年のワールドカップ(W杯)が(競技環境が)大きく変わるポイントだったと思います。ワールドカップに出場して、勝利することを目指しています」

女子15人制の日本代表は2002年W杯以降、W杯に出場できていない。宿敵カザフタンに煮え湯を飲まされ続けてきたが、昨年のアジア選手権ではセブンズの代表を加えての日本代表編成で、とうとう宿敵を撃破した。ことし12月に予定されているW杯アジア・オセアニア予選にはカザフスタンは参加しない方向で、順当なら、W杯出場権を確保できそうな見通しである。

15人制も7人制も、ラグビーであることには変わりないが、ブレイクダウンのスキルやディフェンスの出方はやはり異なる。スクラムの技術もまた、15人制ならでは。7人制と15人制は似て非なるものなのだ。

やはり15人制の発展なくして、女子ラグビー全体の発展はなかろう。有水HCはこう、言った。

「女子の15人制ラグビーも、ワールドカップで歴史をつくりたい」

15人制女子ラグビーの新しい歴史をつくる。それが、サクラ・フィフティーンのたくましくも美しい女性ラガーの合言葉である。

松瀬 学(まつせ・まなぶ)●ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。日本文藝家協会会員。著書に『汚れた金メダル』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』(扶桑社新書)、『一流コーチのコトバ』(プレジデント社)、『新・スクラム』(東邦出版)など多数。2015年4月より、早稲田大学大学院修士課程に在学中。

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  5. 5

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。