記事

米ティーンエージャー出生率が一段と低下、2015年は過去最低

[アトランタ 2日 ロイター] - 米国では2015年、ティーンエージャーの出生率が8%低下し、過去最低を更新した。10代後半の若年妊娠を減らす取り組みが奏功していることを改めて示すものとなった。

米疾病管理予防センター(CDCP)が発表した出生証明書に基づく暫定データによると、15─19歳の女性の出生率は1000人あたり22.3人で、2014年の24.2人から減少した。総出生数は22万9888人で、前年の24万9078人から減少した。

1940年に統計を取り始めて以来、ティーンエージャーの出生率は最低を記録し、ピークだった1991年に比べると64%低下している。調査をまとめた担当者は「毎年、過去最低を更新し、驚異的なペースで減少している」とロイターに語った。

CDCPは出生率低下の要因として、10代の若者による性行為の減少や避妊手段の普及などを挙げた。専門家はティーンママを取り上げたリアリティー番組の影響もあると指摘している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  7. 7

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  8. 8

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  9. 9

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  10. 10

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。