記事

前場の日経平均は3日ぶり反発、先物売りで一時下げ転換

[東京 3日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比27円42銭高の1万6589円97銭となり、3日ぶりに反発した。直近の株安の反動で序盤は買いが先行したものの、今晩に米雇用統計の発表を控え、積極的に上値を追う姿勢は限られた。一時8%高となったファーストリテイリング<9983.T>が約68円の押し上げ要因となっている。薄商いの中、指数は先物への売りが出たことで下げに転じる場面もあった。

ファーストリテイリングは、前日発表の5月国内ユニクロ既存店売上高が堅調な内容となったことが好感されたという。ただ、午前中の東証1部売買代金は8543億円と売買は低調。方向感の乏しい展開となる中、強含む円相場も日本株の重荷となった。「米国の利上げの方向性がさらに鮮明になれば今の水準よりは円安方向にいくはず。市場の関心も米国の金融政策にシフトしている」(高木証券投資情報部長の勇崎聡氏)という。

東証1部の騰落数は、値上がり1011銘柄に対し、値下がりが754銘柄、変わらずが188銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  9. 9

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  10. 10

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。