記事

広島に学んだヤクルトのTシャツビジネス ノウハウ習得のため球団職員を派遣 - 赤坂英一 (スポーツライター)

ヤクルトが新垣渚の「100暴投Tシャツ」を製作したことをご存じだろうか。完全受注販売制で、25日から球団公式ホームページで受付を開始。希望者は31日までにサイズを指定して申し込めば、1枚3000円で購入できる。新垣は最近、「1000奪三振」の記念Tシャツもつくられたばかりだ(すでに販売終了)。これは名誉な記録だから理解できるとしても、暴投の記念グッズが製作されたのは恐らくプロ野球史上初めてではないか。

Tシャツビジネスのため、球団職員を派遣

 この種の〝限定Tシャツ〟と言えば、長年広島の独壇場だった。2006年、グラウンドからベースを引っこ抜いて退場処分となったマーティ・ブラウン監督のTシャツを皮切りに様々な記録、話題、ハプニングをTシャツとして商品化。

 例えば、昨年は巨人戦のサヨナラ・インフィールドフライ、今年は天谷宗一郎の初のサヨナラヒット、さらに新井貴浩が2000本安打まで残り25本とすると、新井が1安打するごとに数字を背番号の形でプリントした「カウントダウンTシャツ」を製作している。見事に記録が達成され、2000本安打記念のTシャツまで出来上がると、地元の百貨店で「新井Tシャツ」の展覧会まで催した。

 そんな数々のアイデア商法が好評を博し、いまでは全国のプロ野球ファンに認知され、交流戦でマツダスタジアムのグッズショップを訪ねたパ・リーグ球団のファンを「思わず買いたくなるような魅力的なものが多い」と感嘆させるようになった。実は、ヤクルトの「新垣Tシャツ」も、そうした広島のグッズ・ビジネスを見習って実現したものである。

 ただ単に広島の見よう見まねでTシャツをつくっているわけではない。かねてから懇意にしている広島、ヤクルトの球団幹部が話し合い、ヤクルトの球団職員が広島に出向いて一定期間の〝研修〟を受け、じっくり独自の商品開発のノウハウを学んだという。広島で生まれた新たな野球ビジネスの手法が、ここにきて球界全体へ広がりつつあるようだ。

ちなみに、新垣が今季達成した1000奪三振、100暴投はどちらも広島戦だったという因縁もある。1000奪三振は36歳の誕生日の翌日だった5月10日、本拠地・神宮球場の試合で、広島・新井貴浩を見逃し三振に仕留めて到達。100暴投はそれから1週間後の5月17日、今度はマツダスタジアムに場所を移し、エルドレッドの打席で記録している。

名実ともに随一の〝暴投王〟

 これは村田兆治(ロッテ)の145個、石井一久(ヤクルト、西武)の115個に次ぐ史上3人目の〝大台〟。新垣は1イニング3暴投のプロ野球タイ記録に加え、1試合5暴投、1シーズン25暴投のプロ野球記録まで保持している。今後、村田の通算記録145を抜いたら、名実ともに随一の〝暴投王〟になる。

 本来は決して褒められた記録ではないが、新垣の直球のキレ、変化球の落ち方がいかに鋭いかを証明する数字と言ってもいい。実際、高津臣吾投手コーチも「名誉なことではないが、それほど不名誉なこととも思わない」とコメント。自ら「100暴投Tシャツ」のデザインを買って出る〝親心〟も見せた。何らかの形で新垣の投球スタイルをファンの記憶に残すためにも、いま流行の「限定Tシャツ」はうってつけのアイテムではないだろうか。

 沖縄水産高のエースだったころから「松坂世代」を代表する好投手として勇名を馳せた新垣。03年にダイエー(現ソフトバンク)に入団後、先発の柱として活躍する一方で、何度も故障や挫折を経験してきた。14年にヤクルトに移籍、36歳の今季も先発の一角を担って粘り強い投球を続けている。

 全盛期は150キロ台のスピードを誇った直球、空気を切り裂くように鋭く縦に曲がったスライダーはもう投げられない。が、「そのぶんしっかりとコントロールすることを心がけてます」と言う。若いころは触れられたくなかった暴投の話題も「いまは慣れた」そうだ。こんなベテランの軌跡を記念するTシャツ、ビジネスを超えた〝お宝〟になる気もする。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  7. 7

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  8. 8

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  9. 9

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  10. 10

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。