記事

2016.5.31内閣委「2020年 東京オリ・パラ特措法一部改正案」~嘘と利権と人権侵害の東京五輪は返上すべき!!

1/2

画像を見る


○山本太郎君 ありがとうございます。生活の党と山本太郎となかまたち共同代表の山本太郎と申します。
東京オリンピック・パラリンピック特別措置法改正案について質問いたします。
招致疑惑でかなりお疲れではないでしょうか。JOC竹田会長に質問したいと思います。今日はこの後ヨーロッパに旅立たれるということで、急遽スケジュールを変更して来ていただいて、ありがとうございます。
時間、十五分しかございません。答弁簡潔にお願いいたします。
オリンピック憲章やオリンピック倫理規程に違反するような事実が出てきた際には、IOC、国際オリンピック委員会から東京オリンピックの開催権を剥奪される可能性があります。竹田会長、オリンピック憲章やオリンピック倫理規程に違反するような事実も、招致の際に国際舞台において虚偽発言もなく、正々堂々と勝ち取った東京オリンピックであると断言できますか。

断言できるか断言できないか、お答えください。

○参考人(竹田恆和君) お答え申し上げます。
他の二都市とも大変すばらしい招致活動を行っておりました。お互い正々堂々と戦ったものでありまして、その結果東京は勝ったものであるというふうに断言いたします。

○山本太郎君 断言できるというお話でした。
招致問題の疑義だけではなく、競技場問題、エンブレム問題、聖火台がなかった問題、明治公園にお住まいになっていた生活者への強制排除など、随分と東京オリンピックにけちが付いたなと、泥を塗った印象があるんですよね。
今日は、招致活動時期に遡ってお話を伺いたいと思います。
東京にオリンピックを招致する際、最大のネックが汚染水、原発問題だったということは皆さん御存じのとおりです。

2013年9月、安倍総理のブエノスアイレスでのオリンピック招致プレゼンテーションの後、福島第一原発の汚染水問題をいかに解決するのかと聞かれ、総理はこうお答えになります。私は皆さんにお約束します、状況はコントロールされております、汚染水による影響は第一原発の港湾内の0.3平方キロメートル範囲内の中で完全にブロックされています。
竹田会長、この総理の発言内容というのは事実だと思われますか。事実だと思うか思わないかでお答えください。

○参考人(竹田恆和君) 総理が発言されたことですから、私は事実だというふうに信じています

○山本太郎君 事実だということを信じているというお話でした。
汚染水は0.3平方キロメートルの港湾内でブロックされている、この総理の発言に対して、以前に委員会でも、国会質問でも質疑をしました。事実はこうです。港湾内は、一日で47.3%、八日間で99%、港湾内と港湾外が入れ替わります。当たり前ですよね、潮の満ち引きもある、潮の流れもある。港湾内でブロックされることなどあり得ないということは子供でも分かる話なんですよ。安倍総理、明らかにうそついたんです、これ、世界の舞台で。虚偽発言ですよ、明らかな。信じる信じないの話じゃないんですよ。これ明らかなうそなんです。虚偽発言なんです。
2013年、オリンピックプレゼン当時の汚染水はどうなっていたか。山側から毎日1000トンの地下水が海側に流れ込む、そのうちの400トンは原発建屋に流れ込み、燃料デブリに触れて超高濃度の汚染水が生まれる、毎日400トン新たに生み出される。当時、汚染水、海へ垂れ流しでしたよね。
当時、汚染された地下水がどうやって海に流れているか、汚染度はどれぐらいかを調べるために、2号機のタービン建屋の海側、観測用の井戸を掘ったんですよね、いわゆる地下水観測孔。2012年の12月から観測を開始しました。しかし、測定された汚染が無視できない、そんな数値だった。だから、最初に掘った地下水観測孔の東西南北に新たに観測用の井戸を掘りました。そして、半年後、7月の5日、地下水観測孔1の2で取水した測定結果は驚くべき数値でした。東電は数値の修正を何度も行い、結果、ストロンチウム90だけで一リットル当たり500万ベクレルと発表しました。
国が法令で定めた原発から放出される水の放射性物質の濃度の限度、告示濃度限度とも呼ばれていますけれども、ストロンチウム90では1リットル当たり30ベクレル。1リットル当たり500万ベクレルということは、国が法令で定めた告示濃度限度と比べると16万6666倍の汚染なんですよね。しかも、発表は半年以上過ぎた2014年の2月。2013年9月に分かっていたことを2014年の2月まで黙っていた。これ、東京オリンピック招致にとって重要な期間だったから、このとてつもない汚染状況を意図的に隠したんじゃないかって、そんな疑義持たれても当然ですよね。余りにもおかしいじゃないかって。
2013年9月に分かっていたのに、2014年の2月まで黙っていた。竹田会長、この情報隠し、汚染水の、これ、今オリンピック招致しているときにこんな情報出たらまずいなということで、この情報隠しとも取れるようなことに招致委員会やJOCは関与しましたか。

○参考人(竹田恆和君) しておりません。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。