記事
  • mkubo1

金銀の下落と銀行の異変

金曜日のマーケットで特徴的だったことが2点あります。

まずは、金や銀が大幅安、特に銀が暴落したことです。
金は、通貨の価値が下がる中、じわりじわり上がってきましたが、ここに来て、売られています。
売られた理由は、いくつかあると思います。
・利益が出ている資産で、利益確定の売りが出やすい
・8月から金相場の上昇が急過ぎた
・金は魅力的ではあるが、決済通貨としての現金(ドル)が必要または手元においておこうという投資行動

添付のグラフは、金のスポット価格の日足です。
赤いレンジが7月までの上昇トレンドですが、8月にこのトレンドから上放れて、ようやく、レンジの中に戻ったきたのです。
先日も書きましたが、利益の出やすい優良資産ですから、(利益を出すために)売られやすいのです。
さらに、金融システムが揺らいでいますから、金より現金(ドル=決済通貨)ということです。
リンク先を見る

金融システムが相対的に強固な日本の円は、こういう世界的な金融システムが揺らいでいる時でも、強いのだと思います。
2008年8月から12月まで、ドル・インデックスが大幅高でしたが、その時も、円は110円から90円まで円高になったのです。

金は、下落したのですが、銀に比べれば、大したことありません。
銀は、昨晩、1日で13%以上下落しているのです。
銀は、金に比べて、より投機的な色合いの強い商品です。
当然、ボラティリティも高く、値動きも荒いのです。
ですから、調整する時は、いっきに下落する傾向があります。

添付のグラフにあるように、5月の下落のときは、数日で30%以上下落しました。
今回も、すでに26%程度下落しています。
リンク先を見る

投機的なマーケットだけに、売りが売りを呼ぶのだと思います。
ただ、重要なことは、今回の下落も、ほとんど終了に近い可能性があるということです。
前回の30%の下落には、やや下落率が不足していますが、ほとんど似たような状況になってきています。
投機的だからこそ、チャートの形状が参考になりやすのだと思います。

次に、「あれっ」と思ったことは、米国の銀行のCDSについてです。
株価は、大きく下落した反動もあり、もどっていましたが、米銀のCDSがワイドになっていました。
と、言っても、欧州の銀行は、ほとんどタイト(信用が改善)になっている中で、米国の銀行のCDSが大きくワイド(信用悪化)になっていたのです。
特に、MSとGSのCDSがひどいです。
9月1日を100とした主要銀行のCDSの推移を添付しておきます。
点線が米系、実線が欧州系です。
リンク先を見る

常に悪かったのは、ウニクレジット、ソジェン、BNPパリバなど、想像通りのメンツが悪いのです(グラフの9月22日の上位3社)。
逆に、9月に、CDSがあまり悪化していないのが、われらがみずほCBとなんと驚くことにサンタンデール(スペイン)なわけです(グラフの下位2社)。
スペインが相対的に良い理由は昨日のブログで書いたとおりだと思います。

で、9月21日頃から急に上昇している銘柄が点線の米系で、金曜日は、ピンクのMSと白のGSの上昇が目立つのです。
要は、9月1日よりも信用の悪化が進んでいるということです。
まさに、欧州から米国への伝染です。

もう一点、CDSで見ておきたいのは野村です。
グラフに点でマークをつけているので分かりやすいと思いますが、野村も金曜日にCDSがワイドになっているのです。
つまり、MS、GS、野村というリテールバンク(預金)を持たない銀行(投資銀行のみ、証券業務)のCDSが売られているのです。

これは、預金をもたない銀行の資金調達コストが非常に上がっていることを示唆しています。
預金は、ある意味、コストのかからない資金で、これが銀行の優位性を保ているわけです。
しかし、投資銀行は、そのコストのかからない資金がないので、市場調達を行っているわけですが、その調達が安易に安価に出来れば、何の問題もありません。
が、金曜日のCDSから判断すれば、世界的に資金の市場調達のコストが上がっている、調達が難しくなっている可能性が高いわけです。

金曜日だけの動きで決めるのは、早すぎますが、危機は、大西洋を越えたということです。
欧州はESMの前倒しを検討し始めたようです(いい話だと思いますが…)。
当然、その前に、現実的には、EFSFの拡大をしなければなりません。
しかし、米国も恐れていたことが、現実になりつつありますね。
ガイトナーを派遣したのに、どうにもなりませんでしたし。
米国は、住宅問題をどうするのか、具体的な対策が待たれます。

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。