記事

弁護士会館に抗議の市民 法務検察とのバーターの果てに

画像を見る

「日弁連は基本的人権を守れ」・・・訴えているグループは炭鉱のカナリヤである。=31日、弁護士会館前 撮影:筆者=

 人権の砦だったはずの弁護士会館に、抗議のシュプレヒコールが浴びせられた。

 よりによって弁護士たち(日弁連)が、「取り調べの(一部)可視化」「司法取引」「盗聴の拡大」に手を貸してしまったのだ。

 法務検察とのバ-ターが原因だ。無実の人が何十年も投獄される冤罪事件が増え、一億総監視社会になることを危惧する向きがある。

 法改悪に反対し3週間に渡って議員会館前などで抗議を続けてきた人々がきょう夕方、弁護士会館前に集まった。(呼びかけ:自由を愛する市民連合)

 トラメガのマイクを握った男性は、あふれるばかりの危機感でアピールした。
 
 「日弁連になぜ私たちが訴えに来なきゃならないんですか?」「私たちが弾圧された時に闘ってくれるのが弁護士じゃないんですか?」

 司法制度改革(改悪)はアメリカから突き付けられた年次改革要望書に書いてある内容を忠実に実行しているに過ぎない。

 法科大学院の設置、裁判員制度・・・法務検察はこれに悪ノリし取調べの一部可視化を加えたのである。

 今度の法改正で取り調べ段階から国選弁護人が付くようになった。一見、良い制度に思えるが、法科大学院の設置で増えた弁護士を養うために仕事が必要なだけである。

 拡大路線をとる中本和洋・現日弁連会長の下、「取り調べの(一部)可視化」「通信傍受の拡大」「司法取引」の導入を飲み込んだことになる。増えすぎた歯医者のようにならないために、である。

 行きつく先はアメリカのような訴訟社会か。いや、監視社会の到来と冤罪多発のほうが先になりそうだ。

画像を見る

弁護士会は、もはや人権の砦ではないのか。=霞が関 撮影:筆者=

   ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「日弁連」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。