記事

「落語は書いて覚えるな」真打まで18年の修行道 - 土屋礼央の「じっくり聞くと」(第2回・後編)

1/3
ライブドアニュース

土屋礼央の「じっくり聞くと」。第2回は昨年秋に真打に昇進した落語家・立川志ららさんにインタビュー。前編では落語家を志したきっかけを伺いましたが、後編は真打昇進までの道のりと修行について「じっくり」聞いていきます。

土屋礼央(以下、土屋):今回志ららさんは「真打」に昇進されました。「真打」という言葉は聞いたことがある人も多いとは思いますが、どのように昇進していくんですか?

立川志らら(以下、志らら):落語家は"見習い"から始まります。昔の落語家はほとんど住み込みだったみたいです。まあ、大抵親には反対され、家を勘当されて、「それでも落語家になりたい」という人がほとんどだったと思うんで、必然的にそうなったというのもあるんでしょうけど。

そして「こいつなら大丈夫だろう」と寄席に入るようになって前座を3~4年。前座は羽織も袴もつけられない"着流し"で、落語会に出演していても名前は出ないで「開口一番」だったり、前座の落語は入場料にも入ってないと言われます。

それで楽屋仕事を覚えて、なんとか高座をつとめられるようになると"二ツ目"になり、羽織を着て袴もつけられるようになります。二ツ目になったら次は"真打"。そうすると「師匠」と呼ばれて弟子がとれるようになります。

土屋:流派はどのくらいあるんですか。

志らら:落語の団体は、関東だと落語協会、落語芸術協会、円楽一門会、立川流。今は時代の流れというか、色々あってフリーの人も出てきてますけど、基本的にはこの4つの団体のどこかに所属しています。

画像を見る

■アウトローな「立川流」

土屋:立川流独自のルールなどはあるんですか。

志らら:前編でも話しましたが、いわゆる「寄席」には我々立川流は出られません。昔、真打昇進試験というのがあって、その試験の審査員の1人だった談志師匠が仕事で欠席した時、よりによって談志の弟子が落とされたという事がありまして。

そしたら談志師匠が「俺の弟子が落ちるとはなにごとだ!」と。「よし!新しい団体をつくる!」と落語協会を飛び出して立川流を作り、それ以来寄席に出られなくなりました。談志師匠にしてみれば「出られないんじゃなくて、出てやらねえんだ」ということでしょうが。(笑)

土屋:じゃあ、この4つの団体の中ではアウトローな感じ?

志らら:そうですね。円楽一門会っていうのも三遊亭円楽師匠が落語協会から飛び出たので基本は寄席に出られないんですけど、立川流が出られないほうがクローズアップされるんですよね(笑)。

それと談志師匠は、立川流を立ち上げた時に落語家だけじゃなくていろんなことをしているエンターテイメントの人たちを落語界に呼び込もうってことでAコース、Bコース、Cコースというのを作りました。

Aコースは志の輔師匠、談春師匠、師匠志らく等、いわゆる普通の師弟関係、Bコースは著名人にも落語をやってもらおうというもので、ビートたけしさん、私も前座の頃からお世話になってる高田文夫先生、ミッキーカーチスさんらが、談志師匠から名前をもらってます。

Cコースは一般の人で、お金を払えば名前がもらえるというもので、その時「立川談洋」という名前をもらったのに、正式に入門してAコースになったら「立川キウイ」になった兄弟子もいます。立川流を作る時に誰かが、「落語家さんてお金も取らずに育てて芸を教えてあげて、おかしくないですか?」って談志師匠に言ったらしいんです。それを聞いて「あ、そうだ」って気付いちゃったんですね。「そういえばお花も踊りも全部師匠にお金を収めてる」って。それで立川流は談志師匠が家元となり、上納金を納める唯一無二の流派になっちゃいました。

土屋:最終的にどうやって真打になったんですか?

志らら:寄席だったらお席亭という人達などにも「そろそろいいんじゃないか」って言われたりするんでしょうが、うちはそういうのがないので師匠志らくが初めて「真打トライアル」というのを企画しました。自分の師匠、談志、当時の立川流の顧問山藤章二先生、高田文夫先生、玉置宏先生らをみんな呼んで、その前で落語をやって、最後に談志師匠に出てきてもらって「真打にどうですか」って聞く落語会です。僕、その会場の客席にいたんですけど、満員のお客さんで、客席の緊張感もすごかったの覚えてます。それで、談志師匠が「志らくを真打にします」と言った時の拍手もすごかったです。

土屋:お客さんがいるのに、そこで落ちることなんてあるんですか?

志らら:志らく一門でも何年か前に真打トライアルをやった人がいましたが、その時は、うちの師匠落としました。2回やってもダメだったりもしたんで、僕はやりませんでした。だってこわいから(笑)。

僕の場合は、立川一門の中で年季的には真打になってもいいだろうという5人で、立川流として初の真打トライアルをやりました。一昨年の10月から1月を抜いた全6回で、4月が最終回。立川流の理事の師匠方も全員客席で見て、お客さんの投票と合わせて、「6回やって1位の人は無条件に真打にする。2位以下も場合によっては…」というのをやったんです。

土屋:そこではどんなネタを?

志らら:普通だったら得意なネタ6本やればいいじゃないですか。でもその時は僕も変な闘争心があって、「志らくの落語二四八席辞事典」って本から248席を紙に書き出して、「師匠、この中から真打トライアルでやる落語を6席選んでください」って。そうしたら、僕が一回もやったことないネタを6本選んできたんです(笑)。鬼だなと思いました。それもうちの師匠も真打トライアルでやった「庖丁」という大ネタも入ってて、「私を真打にしたくないのか?」と思いました(笑)。

土屋:難しいネタだと、どのくらいの稽古になるんですか。

志らら:真打トライアルの「庖丁」に関していうと、10ヶ月の間ずっと頭の中で考えてました。ネタを師匠に選んでもらったのが6月で、「庖丁」は最後の4月にやろうと決めていたので、その期間ずっと噺の中で唄う「八重一重」という小唄の稽古もやりつつ、自分なりの演出も考えつつで、もちろんその間に他の5本の稽古もしなくちゃなりませんでしたし地獄のような10ヶ月でしたね。

あわせて読みたい

「落語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  5. 5

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  6. 6

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  8. 8

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  10. 10

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。