記事

「涙がでそう。」飯島氏が初めて語る「中居くんについて思うこと」

内閣参与(特命担当) 飯島 勲

総理大臣の被災地視察とは、観光旅行ではない。東日本大震災当時、被災地へ視察に訪れた菅直人は相変わらず、総理大臣の職責を理解していないようだった。被災地に何の利益ももたらさず、視察受け入れの自治体や企業に多大な迷惑をかけ、訪問を受けた被災者に不快感を残すだけだった。

画像を見る
『孫子の兵法』飯島勲著 プレジデント社

東日本大震災発生後、最初の総理視察は、事故の被害拡大の引き金になったとの見方も大きい、福島第一原発の現地視察だった。

総理大臣が官邸を離れ、地方を視察する際には、当番の秘書官、SPのほか、関係省庁の担当者など数十人単位の人間が随行する。現地でも警備担当者、案内を担当する自治体や企業の幹部など100人規模で動員されるのが普通だ。たった20分の視察だとしても、現場の側で準備にどれほど時間が必要かは、少し考えればわかりそうなものではないか。被災者の心情をまるで理解していない。

しかも、福島第一原発では、一瞬の気の緩みも許されない事故の対応に当たっている現場に総理の相手をさせることを強いたのである。時間の無駄以外の何ものでもない。視察を強行した結果がどうなったかを、いまでは世界中の人々が知っている。

2006年の中越地震の際、私が首席秘書官として仕えていた小泉純一郎元総理も、被害の大きかった長岡市と小千谷市の視察を行っている。地震発生から3日後、政府の大まかな復興計画がまとまり、現地の状況が落ち着くのを待っての出発だった。小泉元総理は被災者の集まる避難所で、被災者らの話を聞き、ヘリコプターに乗り、上越新幹線の脱線事故現場と、道路が寸断されて孤立した山古志村を上空から視察した。

予定のスケジュールを終えて、報道陣のぶらさがり取材に応じ「できるだけ早く元の生活に戻れるようにしてほしいというのが被災者の皆さんの切実な願いだと思います。今後とも政府のみならず、関係自治体と協力しながら対策を講じたい」と話した。さらにその場で小泉元総理は、山古志村や小千谷市で起きた土砂崩れによる河道閉塞で起きた浸水被害に対し、床上浸水300万円、床下浸水200万円を見舞金として一律に給付することを決断し、発表したのだ。現地の住民が大いに歓迎したのは言うまでもない。

義援金は、住宅の全壊にいくら、半壊でいくら、死亡者に対してどれくらいという配分基準が決められるのが一般的で、浸水の被害はどんなに深刻でも政府の復興計画の対象外となっていた。床上浸水、床下浸水に見舞われた方々を支援する法律がなかったのである。浸水被害に地元が苦しんでいるという情報は、地域の自治体から官邸まで事前に上がってきており、関係省庁もいつでも必要な対策を実施できるような準備は進めていた。しかし、現行法で支援できない場合、トップリーダーが自ら決断することが必要になる。

総理が動くということはこのような重大な決断を行う場合に限られるべきだ。政府としての復興計画を策定し、その計画の実施対応がどの程度進んでいるか、現地の自治体と霞が関の官僚が書面上でまとめた計画だけではケアしきれない部分があるのかどうかを、総理自身で最終確認をするために、現地に出向くのである。総理が現地に入ることは、被災地にとって朗報が届くということでなければならないのだ。

安倍晋三総理は、4月23日に熊本に入り視察し、その場で、「4月25日に、激甚災害指定を閣議決定する」と表明した。この流れであれば、国民も総理が熊本へ何をしにいったかが明確であろう。これが正しい対応である。

これを機会に、政治家やメディア、そして芸能タレントが現地に入るのも、もう少し考えてはどうだろうか。彼らが現地に入っても、それだけでは何のメリットもない。少なくとも自衛官と同じように、寝袋や自前の食料を持ち、絶対に被災地に迷惑をかけないことを前提にしてほしい。とりわけテレビカメラを引き連れて、政治家や芸能人が炊き出しをしているのは、間違いなく売名行為だ。岡田克也民進党代表が安倍総理と同じ時期に熊本入したが、やはり被災地を見るだけで「頑張ってほしい」との言葉と与党への批判ぐらいしか残せていない。権限がないのだから当然だ。普段の活動でうだつがあがらないのはわかるが、被災地では陰徳を積んでほしい。

2016年5月のほぼ同時期に発売される「ヒト・モノ・カネを自在に操る『孫子の兵法』」(プレジデント社)、「権力の秘密」(小学館文庫)では、「使えない方法論は無意味」という絶対前提をもとに、「成果を得る、評価を得るため」の行動論を丁寧に記したつもりだ。ちょっとしたことで人の感情というのはプラスにもマイナスにも爆発するものだ。では、どう行動すべきか。もし、興味があればお読みいただきたい。

逆に私が賞賛したいのは、アイドルグループ・スマップの中居正広さんだ。中居さんは、東日本大震災のときに、スマップとして4億円以上の寄付をしたうえで、極秘で福島の原発から60キロメートルの被災地を訪れ、炊き出しをした。今回の熊本地震でもカメラを引き連れずに炊き出しを行っていた。あまりにも有名人なので、途中でバレてしまったようだが、その心意気に被災者は勇気づけられるのだ。

日本には、誰かに評価されたいわけではないのに行動できる人物がいる。私は目頭が熱くなり、涙がでそうになった。

(文中一部敬称略)

『孫子の兵法』(プレジデント社)
リンク先を見る [著] 飯島 勲

「兵は詭道なり」「人を致して人に致されず」「迂をもって直となす」「始めは処女の如くにして」――。アメリカが日本の黒幕("political-fixer")と名指しした男・飯島勲が、永田町で権力を握ったノウハウを一挙に公開する「現代の兵法書」。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  2. 2

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  9. 9

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  10. 10

    「戦後最大の危機」安倍首相会見

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。