記事

杉並区の保育所建設に反対する住民

杉並区の保育所建設に反対する住民を見ていると、「民主主義」がいかに「愚民主主義」に陥るかがよく分かる。

保育所が必要と涙ながらに訴える少数派の母親に対して、多数派の住民たちがヤジを飛ばして、発言を封殺している。
それだけでも、多数派が少数派を圧殺する「愚民主主義」になっているのだが、彼らは気づくまい。

驚くべきはあの話し合いの場所に、子供がいることだ。
子供が挙手して発言しようとしている。
子供は公園でサッカーができなくなるから、保育所なんか作るなと言いたいのだ。

保育所を作るスペースは公園の三分の一なので、ボール遊びが出来ないわけではない。
ただ、サッカーはできなくなるらしい。

働かなければ生きていけない赤ちゃんを持つ母親VSもはや保育所を必要としない子育て中の母親、という対立が出来ている。
「保育園落ちた日本死ね」と叫ぶ切実な母親の気持ちも、「子供をのびのび遊ばせたい」という母親には、届かない。

ようするに「子供をのびのび遊ばせたい」母親は、すでに「既得権益者」になっているのだ。
「保育園落ちた死ね」の母親たちの敵はもはや「国(政府)」ではなくなった。
同じ住民の「既得権益者」となった。
多数派の「既得権益」を守りたい住民と、保育所が死活問題の母親が戦わねばならない。
分断統治のできる「国(政府)」は有利になった。

そもそも消費増税の延期で、社会保障が今後削られることも決定的だ。
保育所建設は住民が反対するから、「民主主義」の結果として進まなくなる。進めなくてもよくなる。
その結果、ますます子供を産むことをためらう女性が増える。
少子化は止められない。

ほんの数年の差で、保育所が必要な母親が、保育所は邪魔な母親に変貌する。
エゴが「公共心」を遠ざける。
それが「民主主義」というものの実態だ。
行政の手続きのせいにしてはいけない。
「民主主義」だろう?「民主」なんだろう?
だったら国民の意向次第だ。

「民主主義」とは何かを分析した『民主主義という病い』が発売されたばかりだ。
日本人は本気で「民主主義」について、考えてみるべきだろう。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「保育園」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  8. 8

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    中国シノバックワクチン、有効だが副反応データ不足=WHO諮問委

    ロイター

    05月06日 11:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。