記事

仏大統領、労働法改正案を撤回しない意向=現地紙

[パリ 31日 ロイター] - フランスのオランド大統領は、政府が進める労働法改正案を撤回することはないとし、同案に盛り込まれた、労働条件の交渉における企業の権限を拡大する原則は維持されるべきとの考えを示した。

企業による従業員の雇用と解雇を容易にする労働法改正案をめぐっては、国内で交通機関、製油所などのストやデモが相次ぎ、混乱が続いている。

フランスが主催するサッカー欧州選手権「ユーロ2016」の開幕を6月10日に控え、政府は労働法改正への抗議活動を主導するフランス労働総同盟(CGT)との和解策を早急に見出す必要に迫られている。

法案の主要な争点となっているのは、企業が報酬や労働条件について従業員と交渉する権限を拡大する第2条。労組の影響力が弱まる可能性が指摘されている。

30日付の現地紙スッド・ウエストによると、オランド大統領は「法案が撤回されることはない」と述べ、「第2条の原則は維持される」とインタビューで語った。

労働法改正案は今後、上院で審議が始まるが、バルス首相が同案の下院での審議を打ち切り、採決なしに上院に送ったことで、与党内からも反発する声が上がっている。

オランド大統領は、同案を大統領命令によって成立させるかどうか問われると、「その必要なく法案が可決されることが望ましい」と答えた。

また、ストの権利を認めつつも、サッカー欧州選手権を念頭に、抗議活動によってフランス全土を機能停止に陥らせるべきではないと語った。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  5. 5

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  7. 7

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  8. 8

    次は効かない…日本モデルの功罪

    PRESIDENT Online

  9. 9

    よしのり氏 マスク報道は不正確

    小林よしのり

  10. 10

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。